-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『二遊間の恋』/ピーター・レフコート(2007夏 腐的感想文) | main | さようなら、雑誌シャレード >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『右手にメス、左手に花束』/椹野道流(加地佳鹿、唯月一)
うむむ……やはりこういうタイプはシリーズが
進むにつれこうなって……あ、こんばんは。
BL研究会所属のaya-meです。専門分野は『オヤジ』、
研究対象は『オヤジとヒゲのシナジー』です。
全然今日の感想には関係ありません。

ただ、ある長寿シリーズとこのシリーズの間に
ちょっとした共通点があるな、と
このシリーズを読んで思ったのです。

それは……



『右手にメス、左手に花束』/椹野道流
二見書房 (2000/10)
[Amazon]
【二巻】 【三巻】 【四巻】 【五巻】



☆あらすじ
法医学教室助手の篤臣(あつおみ)と、外科医の江南(えなみ)――
二人の出会いは9年前、大学の入学式で出席番号が
隣り合わせだった二人は、その後の実験や実習も
いつでも一緒で、なんとなく気も合う。
誰もが認めるイイ男で頼りがいのある江南に、篤臣は何かと
じゃれついていたが、江南の秘めた思いにはまるで気づかず……

*   *   *   *   *   *

(つづき)
劇的なレ○プをするタイプの攻めは、その後は
非常に甘々になるのではないかということです。

BLではそこが恋愛の入口という、現実だったら
そら恐ろしいパターンが頻出しているために、
記憶に残るそのシーンは少ないのですが、
このシリーズではなんと篤臣が温泉で吐瀉しながらも
やられてしまうと言うとても嫌な劇的さがあります。

そして共通していると思ったのは、ご存知のフジミシリーズ。
タンホイザーをバックに有名なレ○プという、
これまた違う方向の劇的さがあります。

今回の作品のシーンは、フジミの次に印象的かも……。
そのシーン以外が日常系だったせいでコントラストが
くっきりしすぎているせいもあるでしょうが。


そして、レ○プ以降の圭と悠季が次第に甘々に接するように、
江南も2巻以降、がんがんと甘々になってゆくのです。
クリスマスから何から何までべたついてばっかりです。

まったくもう、強○から始まったくせに!と
文句を言いたいぐらいに甘ーいのですが、
それでもいちゃもんをつける気にならないのは、
○姦するほどの激しい愛情を、質量保存の法則並みに
同等もしくはそれ以上の情熱で受けに
愛情表現をしているからなのでしょうか。
絶対に現実ではありえない行動だと思います……。
強制だったものの、それ以降に強い愛情が見えているから、
文句を言う気になれないんでしょうかね…。

現実に目の前でやられたらまず張っ倒しますけども、
うざったいといえばそうとも言えるのですけれども、
なんだかなあ、馬鹿な子ほど可愛いと言うか(笑)


そんな劇的な部分や、豹変する江南などの突飛な
要素をはらみながらも、やはり椹野さんらしい、
日常の細やかさや、すこし心が痛むような描写、
そして、心からの愛情あふれる言葉に少し目が潤みました。

カップル二人の親がとても良いのですが、
特に篤臣の母が男前と言うか心の強い人で、
こんな人が親がいたらいいなあ、と思えてしまいました。
許してくれて、理解しようとしてくれるってことは、
親ゆえの無条件の愛であり、何よりも恵まれてると思います。

続巻以降はいかにも続編、追加分で比較的同人誌っぽくも
ありますが、それはそれでいいと思います。
ドキドキする馴れ初めだけがBLの楽しみではないと思いますし、
たくさんのエピソードがあるのは私は嬉しいです。

甘めのお話を読みたいときにはどうぞ。
| [BL・小説]椹野道流 | 22:29 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:29 | - | - |