-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『WORKDAY WARRIORS』シリーズ/御木宏美(西村しゅうこ) | main | 『午前五時のシンデレラ』/いつき朔夜(北畠あけ乃) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『闇の愛人』/五百香ノエル(麻々原絵里依)
嬉しいことが2連発でありました。

1つ目は、カウンタが「801801」に到達しました。
切りよく80万で祝えというあなたはBLのモグリでしてよ。
これが8/1だったらもっと記念になったのに……。
何はともあれ、いつも閲覧頂きありがとうございます。

もう1つは、先日書いた記事の『WORKDAY WARRIORS』を
Amazon のアフィリエイトで全巻一気に買われた方が
いらっしゃったこと!これは嬉しい!
金額の問題じゃなくて(マケプレだったので¥0でしたし)、
感想とそれに対する皆さんのコメントを読んでシリーズを
バンとそろえようとした方がいらっしゃるのが何より嬉しい。
うーんやる気になっちゃうなあ。
……でも体は不調で更新回数は変わらない、という罠。
まあ、このまま地味に続けられればいいなと思います。

ではその地味な更新の一歩にふさわしい(失礼)、
黄色い背表紙のコバルトパレット文庫の感想をば…。
(素で間違えました、ご指摘ありがとうございます!)




『闇の愛人』/五百香ノエル
小学館 (2004/08)
[Amazon]

☆あらすじ
19世紀のロンドンを模した懐古趣味の23世紀の都市。
16歳で上京し、伯父の探偵事務所で3年間働いてきたフレイは、
被虐の徒で女装癖があり、カフェの女給に化けての情報収集もお手の物。
そのフレイの唯一絶対の主人が、頼りない刑事ジャックだ。
二人きりになると、酷薄な切り裂き魔となり言葉と行為で
フレイをあおって愉悦を味わう。フレイは自尊心が強いゆえ、
かえってマゾヒストの悦びに燃える。
そんな折、切り裂き殺人が3件も続発し……

*   *   *   *   *   *

五百香さんの本を何冊か買い込んだなかで、
ミステリー調のものが何冊かありましたが、
その中で今のところ一番面白かったのがこちらの作品。

ディアプラスのミステリアスダム!のライトミステリー仕立ての
BLももちろん嫌いではないのですが、ディアプラスの
レーベルのカラーのせいでしょうか、某赤川○郎氏の
作品の大量殺人みたいで暗さをまったく感じなかったので、
どうにも物足りなさを感じてしまいました。

しかし、この作品はミステリー仕立てに加え、
五百香さんならではのすこし狂った関係が
CPの間で展開されています。

何冊か読んで思ったのですけれど、五百香さんの小説に
登場する変態チックな人々って、自分の変態的な部分に
自覚がある上に後ろめたくないから怖いですね。

具体的には『こんな趣味をもっているから…』だとか、
『気づかれたくない…』と考える方向ではなく、
『知った上で愛してくれ、いや愛せ』ということです。

この作品のCPであるフレイとジャックも異常性癖を
自己否定する言葉はほとんどしませんし、
むしろ性癖の合致により強く結びつくのです。

私には理解できない領域の倒錯なんだけれど…、
妙な説得力があるというか、これが彼らにとっては
幸せなんだろうと思わせる潔さがあるのです。
ラストの犯人とCPの対峙も、異常性癖であることより、
分かり合える相手に会えないほうがよっぽど辛い、という
異常性癖を受け入れた上での結論を明示していたのが印象的。

あ、そうか、自分の身に置き換えれば、腐れであることよりも
BLがないことのほうが確かに辛いわな。
「腐れじゃなかったら…!」だなんて思わないもん、
受け止められるようになった今はもう。


他の人間関係を閉じ切ってしまうでもなく、
二人の関係を明るみに出してしまうこともなく、
相手にだけ分かっていればよいという立ち位置が
悪くもないなあ、と思いました。

女装シーンも多くあって私の趣味ではない部分も
あるのですけれど、うなづきながら読んでしまった一冊でした。

P.S.
異常性癖って、どこからどこまでを指すんでしょうね?
| [BL・小説]五百香ノエル | 21:01 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:01 | - | - |