-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『それではみなさん。◆/内田かおる | main | 『闇の愛人』/五百香ノエル(麻々原絵里依) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『WORKDAY WARRIORS』シリーズ/御木宏美(西村しゅうこ)
先日、高校の友人達と飲んでいたら楽しくなってしまって
つい飲みすぎたら病院送りとなってしまいました。
ああいい大人なのに恥ずかしいったらありゃしない。

不幸中の幸いはちょっとイケメンの友人に膝枕して
もらったことと、お姫様だっこしてもらったことかな…。
救急隊員はイケメンじゃなかったから白車の王子様ではなかったし。
……そんなときまで男のことばっかり考えてる自分に絶望でした。

全然前置きとは関係なく、今日の感想は
オススメしてもらったこちらの作品です。




『WORKDAY WARRIORS』/御木宏美
心交社 (2001/02)
[Amazon]
以下6巻(上、下)まで続巻あり。


☆あらすじ
今井恭章(いまいやすあき)は、日本のDM(ダイレクト・マーケティング)で
最大シェアを誇る外資系企業『ジャクソン・ジャパン』の
トップMD(マーチャン・ダイザー)、しかも秀麗な容姿と完璧な経歴。
社にはそんなエリートの彼が密かな憧れとデキる男として反発心を
覚える上司、営業統括本部長・名高剛士(なだかつよし)がいた。
ハーバード首席の辣腕で、おまけにワイルドなハンサム。
しかも名高はことあるごとに恭章にちょっかいをかけてくる。
仕事で彼に頼るのは絶対に嫌だと思う恭章だったが、
担当の商品が他社に流出するという事件が起こり……

*   *   *   *   *   *

あらすじから見てお分かりのとおり、がっつりリーマンもの。
読む前はてっきり「はいはい商社、商社ものね」と
侮っていたのですが、これがなかなかどうして濃い!
実体験が元になっているせいか、ありがち商社ではなく、
DM(ダイレクト・マーケティング)=通販会社の
MD(マーチャン・ダイザー)=企画経営(とでも訳す?)、
と既にこの時点でその辺のリーマンものとは違いますね。

なにより「御木節」といわれている(らしい)、
細かいウンチク的な描写と情報率は当社(どこだよ)比率で
許可証シリーズとタメをはるくらいだと思っています。
私は通販は頻繁に利用しているほうですので、
その裏側で働く人々が垣間見えて非常に興味深く、
ワーキングシーンは申し分なく楽しめました。
通販頼んで遅れるとめちゃくちゃむかついていましたが、
今度からはその裏側で忙しく駆けずり回っているMDたちを
思い浮かべて妄想して溜飲を下げられそうです。

女性陣が出張るのも著者の主張と同じく、私は肯定派です。
仕事面での女性の描写は無いほうがむしろ変ですし、
恋愛面で女性が絡んでくるのも、「男も女も惚れるいい男」の
表現として必要だと思いますし。女性と接点が無さ過ぎる
男性なんて、リーマンとして既に魅力がないですもの。


それから、やはり御木さんはオヤジ属性ということが
判明しました。めちゃくちゃ名高がオヤジだー!
デキるのにシモネタばっかり、自分ももてているのに
今井がもてているとあからさまに嫉妬したりと、
どこを切り取ってもオッサンの匂いしかしねえ!
エロシーンもやっぱりオヤジくさいし。
ちょっとマッチョ属性も入っていて好みです(笑)
まあ、できる男すぎて付き合いたいとは思いませんが……。


1〜6(上・下)の計7冊、楽しんで読んだのですが、
不満な点も2点ありました。

1つ目は、重複する描写がどう見たってコピペなこと。
重複するのでも、フジミシリーズみたいに少しずつでも
いいので変えてくれていたら、と思います。

2つ目は、誤字脱字が多すぎること。たとえば、
4巻 60P 久しぶりの鶏姦 → 久しぶりの交歓(かな?)
鶏姦=男の同性愛。男色。と正しい言葉でした。失礼しました。
でもそれでも意味がちょっと変な気も…。

6上 111P 「会長、お持ちを!」→「会長、お待ちを!」
6下 107P 「高値の花」→「高嶺の花」
など、さらっと見ただけで意味的に問題のある誤りがあり、
ちょっと編集者のチェックの甘さが目立ちました。

その2点を除けば、これぞリーマンBL!と、楽しく読めました。
ショコラにしては濃いリーマンもの、どうぞお試しあれ〜。
他の御木さんの作品も読んでみようっと。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 20:29 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:29 | - | - |