-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『闇の愛人』/五百香ノエル(麻々原絵里依) | main | 『教授の密やかな愉しみ』/剛しいら(華門) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『午前五時のシンデレラ』/いつき朔夜(北畠あけ乃)
先日恩田陸さんのエッセイで、うろ覚えなのですが
こんな意味の文がありました。

「……ミステリ好きは、ミステリを1作書くように。
すると様々な職業の人が様々な専門的知識を生かした
面白いミステリーが生まれるはず……」

もちろん思いつき、冗談半分の一文だったのですが、
これってBLでも適用できそう。BLが好きな人は
専門的知識を生かしてリーマンBLを書けば……。
知識ではなく経験なのですが、方言も可能ですね。
方言ネイティブの人は方言BLを書くこと!(笑)

もちろんそれは冗談として、そのネイティブな
方言を使った作品が今日の感想本です。




『午前五時のシンデレラ』/いつき朔夜
新書館 (2007/08)
[Amazon]


☆あらすじ
ヤクザ崩れの釘師・飛良(ひら)とドロップアウト教師の優也が
出会ったのは、優也のバイト先となったレトロなパチンコ屋だった。
危険な匂いのする釘師になぜか目をかけられて、優也は
徐々に新しい職場に馴染んでゆく。だが元生徒の父親が
店に乗り込んできたことから、優也は飛良と偽装同棲する羽目に…。

*   *   *   *   *   *   *

いつき朔夜さんはもうイチオシの新人(まだ呼べるよね)で、
全ての文庫の感想を書いているくらい、プッシュしています。
そういう作家さんの新作を読むのは幸せであり、
つまらなくなったりしていないかと不安だったり。
しかし不安は杞憂に終わりました。面白かった!

なんと言っても今作の白眉は、攻めの飛良の人間性を
ネイティブの小倉弁によって巧く表現しているところ。

たとえば「好き」と伝えるときに、「好きだ」と言うのと、
「好いちょう」と言うのではずいぶん違いますよね。
個人の感覚なので共通認識とは思いませんが、私は
標準語よりも「好いちょう」だとか「好きや」のほうが
ダイレクトな感情を感じられたり、より親しみを
覚えるのですが、いかがなものなんでしょう。

いつきさんがネイティブだそうで、その使い方は
違和感が無く(ヨソの人間から見て、ですが)、
情に厚く激情的なところのある飛良と方言が
ぴったりマッチし、確固たるキャラが形作られて、
キャラクターの印象というところでばっちりでした。
単に方言萌えと言ってしまえばそれまで?(笑)

でも人間性は言葉に表れるところがありますから、
もっと方言を喋るボーイズがBLに居たって
いいじゃない、人間だもの…(意味不明)

優也の性格は甘ちゃんさが少し神経に障るものの、
このイラッと来る感覚も飛良の引き立てと
思えばたいしたことはありません。
レ○プを「魂の殺人」と、はっきり言ったところは
それなりにかっこよかったですしね。


文についても少し。
いつきさんの文は、巧いんだけれどシンプル、かつ
リズムが合っているのか、自分にしっくり来ます。
エダさんみたいにはっとするような、見せ場的な
「技巧!」があるのではないのですが巧いです。

それに加えて今回はエロスレベルが上がってました。
ページ数はあまりないものの、暴力的なシーン、
甘々なシーン、少し趣向の変わったシーンと、
それぞれの雰囲気に合わせたエロスが巧かったです。
BLエロス批評家(そんなのない)の私も満足。

ちょっと挿絵が上品過ぎた感がありますが、
それを除けば大満足でした。いつきさんの挿絵は金さん、
ホームラン・拳さん、藤崎さん、北畠さんか…凄いなあ。
それだけ、期待の新人ということでしょうか。

今月のディアプラスの中で一番オススメです。

P.S.
なぜか九州の方言で情に厚い、というと武田鉄也が
脳裏に浮かんでとっても追い払うのに大変でした。
| [BL・小説]いつき朔夜 | 20:49 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:49 | - | - |