-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『午前五時のシンデレラ』/いつき朔夜(北畠あけ乃) | main | 『唐梅のつばら』/水原とほる(山本タカト) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『教授の密やかな愉しみ』/剛しいら(華門)
黒というと、神聖な色ととらえられると同時に、
背徳的・悪い意味の色としてもとらえられますよね。
どちらにしても力があるってことなんでしょうか?

その「黒」がレーベルの通称に入っている「黒ラキ」って
すごいブランドだったのでは…この作品を読んでいたら
このブランドを無くしたことは惜しかったな、と思いました。
こういう立ち位置のブランドもあってもいいと思います……
プラチナやスラッシュなんかが近いけど軽すぎるし。

ともかく、今までに読んだ黒ラキレーベルの中で、
5本の指に入る面白さでした…以下感想です。




『教授の密やかな愉しみ』/剛しいら
ハイランド (2003/03)
[Amazon]
続編



☆あらすじ
華族の血を引く魅力に溢れた勅使河原(てしがわら)教授の住む洋館で
働くことになった地味な大学生・沢田天根(さわだあまね)。
教授に近づける喜びで胸がいっぱいの天根を迎えたものは、
何者かによって毎夜繰り返される淫らな悪戯だった。
この手が教授なら…教授に犯されたい…!そんな天根に、
教授は思いもつかない淫靡な愛で応えはじめ―

*   *   *   *   *   *

剛さんてアホアホ作品も結構あると思うのですけれど、
ときに神懸ったような作品もありますよね。
私には、この作品は後者のように思われました。

なんと言うかなりきっているというか、登場人物の中から
のぞいているような、深さを感じさせる描写がある。

このお話ははしょってしまえば、Sの教授と、
見初められてペットになったMの話なのです。
SMはBLに限らず、ひとつのジャンルだと思いますが、
それはひとつの型として存在しているのであって、
心情を深くまで捉えているものは少ないと思います。
たいていは体の痛みから服従させられるうちに攻めに
惚れちゃって相思相愛になるというのが多いですし、
心情面はあってもM側のみであって、Sの心情なんて
「Sだから愛していると虐めたい」という単純なもの。

しかし、この作品では、Sのエリートによる哲学や
生活ぶりによってプレイの域を超えたSMのあり方から
まず違うことがうかがい知れます。
そして愛情とSMは別だと考えていたSの心に芽生えた
初めての感情をもてあまし、ペットや奴隷でなく、
対等な人間として愛することを知らなかった
Sの心情がゆっくりと動いてゆくさまが見られます。

恋人と奴隷の垣根に悩む作品として秀香穂里さんの
「誓約のうつり香」がありましたが、それをさらに超え、
Sの悲しみまで書いてあるBL作品なのです。

天根:「僕らの魂は、(潜在的な欲望を)教授が解放してくれたけど、
じゃ、誰が教授を解放してあげられるんでしょう。
教授はああやって、歪んだ形でしか自分を
解放できない人達のために、損な役回りばかり…」

SMは依存の形であって愛情ではないと言い、
そしてSに同情するMの話は私は見たことがありません。
……そしてその理論は理解できなくとも説得力があるのです。
(月影先生の指導のように……!)

もうその辺のSMなんて温くて…ごめん嘘です、
ファッション的なのももちろんいいんですけれど、
こういう深い作品も良いなあ…BLって良いなあ。


ちょっとタイトルが浅いですが、中身は深いですよ!
絶版ながらもし見かけたらチェックしてみてくださいね。
| [BL・小説]剛しいら | 23:26 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:26 | - | - |