-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『教授の密やかな愉しみ』/剛しいら(華門) | main | 箇条書きでBL雑談その2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『唐梅のつばら』/水原とほる(山本タカト)
水原さんの一番の傑作とも聞こえていたこの作品を
買ったのは、半年以上も前のことでした。

長く積読の状態にあったのは、『青水無月』などの
自分に合わない作品を読んじゃったせいでもあるのですが、
最たる理由は、表紙が怖いことでした。
…そんなことで?なんて言わないでくださいよ、
この表紙を拡大して掛け軸に仕立てたら
立派な現代の幽霊絵にしか見えませんて!
内表紙も揃って恨みがましげな目だし……、
綺麗なだけに怨念こもってそうで怖い。

よって積読棚の奥にしまいこまれていたのですが、
一度読み始めたら止まらなかったです……。
以下感想です。




[Amazon]
『唐梅のつばら』/水原とほる
大洋図書 (2005/12/22)


☆あらすじ
十三歳のとき、初乃(はつの)は滝川組組長の養子として引き取られた。
表向きは大切な跡取り候補のひとりとしてだったが、
実際は組長の滝川悦造の愛人として監視され、
歪んだ愛欲に晒される屈辱を倦みつつも、
生きるためにはどうしようもなかった初乃。
そんなある日、初乃の前に真直ぐな目を持つ、
植木職人の花村が現れ、ふたりは惹かれあうのだが……

(Amazon のあらすじが「多岐川組」になっていた。こら!)

*   *   *   *   *   *

「つばら」を音感的に「つぼみ」みたいなもんだろう、と
考えていたら違いましたね、「詳しいさま」ですって。
「つまびらか」と同じ意味なんですね。勉強になりました。

唐梅の詳しいさま、つまり枝振りが花びらがどうこう、と
うんちくをたれる話な……わけはなく、唐梅にたとえられる
初乃の十何年かに亘る波乱に含んだ人生のお話です。

TVでやっている芸能人の人生波乱なんたらなんかよりも
よっぽど波乱万丈です。借金のかたとなるわ、養父に
性的虐待を受けるわ、義理の兄にも暴行を受けるわで
厳しい冬に枝も折れそうな北風を受けている梅のようです。

しかし、その枝が折れることなく耐え続けたのは
花村という、真に自分を思ってくれる人がいたから。
その花村も初乃に負けず劣らず不幸……、というか
半分初乃と出会ったがために波乱万丈な人生を送ります。

初乃も花村も、本当に応援したくなるような清廉さで、
強い北風にめげずに身を寄せ、支えあい、信頼しあう様に
素直に感動させれられてしまいました。
ドラマよりよっぽどドラマティックでいいですね。


さて、憎まれ北風役・滝川悦造&長男悦司なんですが、
初乃が彼らに思うように、特に悦司のほうは、
完全なる悪とはどうしても思うことはできず、
単なる当て馬レベルではない存在感を残します。

というか、私はラストはもしかしたら悦司と
くっついたりするのではないかと考えていました。
それくらい、主役級の存在感というか……、
ラストがかっこよすぎてずるいほどの存在感です。

頭から最後までの波乱万丈な唐梅の激しい人生、
彼にまつわる人々の思い、そしてラストまでの流れ。
皆、因縁やらどうしようもないものを抱えながらもなんとか
生きようとしているさまが、頭に強く残って……、
読み終わってからも余韻が残る秀作でした。


こっからは余談(全部余談みたいなもの?)ですが、
名前がいちいちぴったりだな、と思ったのです。

初乃はいつまでたっても穢れない子だし、
花村は初乃の人生に花をつけた人そのもの。
悦司と悦造も「悦」を初乃に求めていた人たちでした。
(悦を与えてあげることはできませんでしたけれど)
あとがきにあったとおり本当に長い間暖めてきた
ストーリィということがそんなところからも
汲み取れたり。単なる邪推とも言いますが。


受けが攻め以外とまぐわうのが許せない方以外にはオススメです。
肉体的な痛みが嫌いな方も、厳しいかもしれませんが
濃厚な耽美にも近い波乱万丈な物語を読みたいときに!
| [BL・小説]水原とほる | 23:52 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:52 | - | - |