-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『唐梅のつばら』/水原とほる(山本タカト) | main | 珍しくブログらしい記事を >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
箇条書きでBL雑談その2
雑記系統は久しぶりですね…。
テーマ別にわけてお送りします。

■□■おお振り編■□■

■おお振り20話を見る
 朝からニコニコで見ました。面白かった!
 原作、つまり字で読んでいるときはどうとも思わなかったのに
 声になると破壊的にドキッとしてしまうことが多くて
 アニメの威力はかくなるものと思い知らされた回でした。
 愛する桐青の監督の出番が少なくて寂しいですが。
 職場で残業中に5回以上視聴してしまった私はおお振り中毒者です。

■おお振りDVD3巻が届く
 ちゃんと続けて買っています、おお振りDVD。
 これははるかなる第二期につながるエチュード…!(ガラかめネタ)

 ニコニコだけでも十分なのですが、やはり画質と
 ロード時間のストレスレスに十分な価値ありです。
 職人芸なコメントが無いのは若干寂しいですけれども
 余計なコメントも見なくて済むとも言えたり。
 あ、DVD初回特典のカードはミッフィーこと沖でした。
 ポジション番号順なのかな。すると次は世界の栄口……?

■スヤサカに萌えてきた
 三連発でおお振りネタですが、3巻のカバーで栄口が
 巣山を後ろから羽交い絞めにしているのを見て、
 スヤサカ(サカスヤも可)!と思えてきました。

 そう思って原作を見直すといちゃついているように見える。
 三橋の誕生会のときに巣山の誕生日を祝ったのは、
 誕生日を知っている栄口がきっかけでしたし、
 桐青との試合中にも手ぇ繋いでいるし、
 5巻の表紙で一緒に走っているし…やばい萌える。

 しかも二塁手と遊撃手と言えば内野の要であり、
 難しい二塁の守備を巧くやるにはこの二人だけのサインや
 打ち合わせがあり、その間に芽生える……「二遊間の恋」!
 すみません、それが言いたかっただけです。

■□■ゲイ編■□■

■オネエ言葉はひとつのコード
  ・後天的に形成される
  ・男言葉を使える人には使い分けられる
  ・感情表現をするときにとっさに出てしまう
  ・共通の言語を使う人に引きずられる
  ・物語の中ではキャラクタを形成する
  ・嫌うのは同じコミュニティの中の人に多い
 そう考えると方言とよく似た性質がある気がしました。
 違うのはオネエ言葉と方言の習得方法の違いかな?
 うーん、もうちょっと深く考えてみたいテーマかも。

■擬態はお手の物、しかし
 会社の飲み会などで男だけになると必ず出るホモ話。
 そんな時、ホモを「気持ち悪い」と言う人間よりも、
 「俺は実害が無きゃいいけど」と半端に理解がある人間のほうが
 いざとなったらホモフォビアになると考えてしまう。
 そういう話を振られたときは、正面切って答えます。
 「(あなた達には関係ないしそもそも手前なんかに惚れる
  わけがないから)どうでもいいんじゃないですか」と。
 
 男色家と漁色家をいまだにごっちゃにしている人も多い。
 特に男性には。自分の身に置き換えることができないのかしら…。

■□■BL編■□■

■図書館にて
 一般書の単行本エリアをぶらついていたら、
 ここには不似合いな、けれど私には見慣れた著者名を
 見つけました。その人は剛しいら、作品は「子守歌…消えた」。
 こちらは単行本だけで今まで見つけられず
 未読でしたので他の本とあわせて借りました。

■今更気づいた
 木原音瀬さんの新刊を探しに書店に行ったら、
 延期と聞いて大ショック、他にも買うものがあったのに
 帰ってきてしまいました。来月に延期か…寂しい。
 マタドール本でも買っちゃおうかしらん。

■世にも恥ずかしい夢
 新刊の寂しさにもともと腐っているけどふて腐れて昼寝しました。
 そしたら「春夏秋冬」が喧嘩している夢を見ました。

 冬「まったく夏のせいでくそ暑い」
 夏「仕方ねえだろ。俺の時期なんだから」
 秋「まあまあ、果物や米が実るのも夏のおかげなんだし」
 冬「はいはいどうせ俺は何も育ててませんよ」
 春「えー?雪解け水って栄養に富んでるじゃない。
   最近なんて俺なんか嫌われ者だし……」
 秋「桜もあるじゃない、ね? ぼくなんてブタクサだよ」
 夏「辛気臭えな、俺の時期ぐらいパーッとしてろ!」
 冬「あいにくそんな性格だったら冬じゃないんだよ」

 大筋こんな感じでずっと夏冬が喧嘩して
 秋がなだめて春が落ち込む役でした。
 さらにそのあと腐った展開になったのですけれど
 ちゃんと文章にできるほど覚えていなくて…。
 夢の中も腐りきっているのはきっと夏のせい……!
 でもこの性格だったら夏が好き(笑)

とりとめのない雑記でした。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 19:30 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 19:30 | - | - |