-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 珍しくブログらしい記事を | main | 2007年9月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『WISH』/月村奎(橋本あおい)
ああ…心に沁みる……残業疲れの心には!
夏休みが終わってから休みの分の仕事が積もり、
結局3日間分の時間(8時間×3日=24時間)を
あっという間に取り戻した忙しさでした。

そういう繁忙時はじわりと来る物語をセレクトしたくなります。
そこで選んだのがこちらの作品。
もう内容は把握してるから頭使わなくて済みますしね。
(花丸新書の旧版で内容は既に読んでいました)

旧版と比較しようと思ったのですが見つからなかったので、
こちらだけの感想でお送りします。




『WISH』/月村奎
[Amazon]



■あらすじ
尚也は母と義父を事故で無くし、半分だけ血のつながった
弟の裕一郎と二人で暮らしている。小学生の弟との生活を
守るため、大学の授業の合間を縫ってバイトに明け暮れる日々。
そんな尚也がバイト先で出会った大学の先輩の高野は
今は裕一郎の担任になり、、二人を温かく見守ってくれている。
だが、尚也はそんな高野に秘めた思いを持っていた……

*   *   *   *   *   *

月村さんのデビュー作の文庫化作品です。
やっぱりデビュー作は原型とよくいわれているとおり、
書きたいことが詰まっている感じがします。
要素別に書き出してみるととても顕著です。

・大学生の身で父と母を亡くすという悲運な状況である
・弟を育てると決心するようで、実はその関係へ固執している
・そりの合わない肉親とのいさかいがある
・受けがネガティブスパイラルに陥る
・攻めが優しく諭す(BLでは諭す=襲うの攻めも居るからなあ…)
・違う視点を持つことで今まで抱えていた問題とも、
 いさかいのあった肉親とも向き合えるようになる

かように、後々の月村さんが書かれていることの
全てがデビュー作には詰まっているのです。
語りたいこと・伝えたいこと・吐き出したいこと、
月村さんのそういうもの全て、詰め込んだのでしょうか。
後々の作品に比べるとシャープな比喩や文章的な弱さが
垣間見えるものの、原点はやはり面白いです。
電車の中で泣きそうになるんだよなあ…疲れてると。

(余談:年寄りの言葉と思っていただいて結構なのですが、
デビュー作でもこぎれいにまとまってはいるものの、
作家の『顔』を感じられない作品が最近は増えてるような
気がするのです……。情緒不安定になれとは言わないけれど、
誰でも書けるような萌え話なんていらないんですが)

最近月村さんの新刊が少なく、『家賃』の評価も
あまり高くないのは、「書いて救われる」という、
切実な行為が段々と減ってきたのでしょうかね。
寂しいけれどよかったなあ、と言う気もしています。


そういえば、旧版と比べるまでも無かったことに、
修正されている箇所が目に留まりました。
特に、ワンピース44巻、DS(ニンテンドーDS)などです。
さすがに流行は変えないと古さが出てしまいますよね。
でもこれも、10年後には過去の遺物になっているのでしょう。
『ガラスの仮面 文庫版23巻』とかにしておけば、
きっと過去にならなくて済みますけれどね!
(……それはそれでとても悲しく、そしてとても現実的で悲しい)

最高傑作、とは別にして、月村さんの特性を知るのに
最適の作品と言えるかと思います。
月村さんを未読の方にオススメです。

P.S.
アホアホなセックスシーンもやはり月村さんらしく、
今回は挿入の際に「ボーソーゾク」(笑) おい!
| [BL・小説]月村奎 | 20:46 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:46 | - | - |