-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2007年9月新刊購入予定リスト | main | 平日の昼間に出かける理由 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『青空の卵』(ひきこもり探偵シリーズ)/坂木司(2007夏 腐的感想文)
はいはい、静粛に。
そこ、「まだそんな企画続いてたの?」なんて言わない!
そこも「つーかそんな企画あったの?」とも言わない!
まだ夏休みの人もいるんだからOKですよね、
ギリギリの2007夏 腐的感想文のパート3です。

自分でもすっかり忘れていたあたためていた企画ですが、
これをしよう、と思って忘れている事ってあるんですよね。
『GENE』を全巻感想書こうと思っていた、なんてのがいい例。
ストーリーを追って細かく書くのは苦手だということが
分かってなかった頃の若気の至りってやつよね、ホホ…。

とりあえず、これがこの企画のラストです。




『青空の卵』/坂木司
東京創元社 (2006/2)
[Amazon]
続巻あり。→『仔羊の巣』『動物園の鳥』

☆あらすじ
僕、坂木司には一風変わった友人がいる。自称ひきこもりの鳥井真一だ。
複雑な生い立ちから心を閉ざしがちな彼を外の世界に連れ出そうと、
僕は日夜頑張っている。料理が趣味の鳥井の食卓で、
僕は身近に起こった様々な謎を問いかける。
鋭い観察眼を持つ鳥井は、どんな真実を描き出すのか。
謎を解き、人と出会うことによってもたらされる
二人の成長を描いた感動の著者デビュー作。(そのまま引用)

*   *   *   *   *   *

タイトルは1冊だけですが、続く「仔羊の巣」「動物園の鳥」も
読み終わりましたのでそちらを含めた観想になります。

一言で言えば日常系ミステリーです。
人が死ぬミステリーも好き、人が死なないミステリーも
好きですが、後者はややもすると退屈だったりします。
しかしこの作品はミステリー部分の動機の部分が、
鳥井と坂木の関係が少しずつ変化してゆくのに
リンクしていることで、他の日常系とは異なる部分を
主眼にされているため退屈せずにすみました。
ミステリー部分も粗はないですし、鳥井のそっけなさが
とても優しい探偵に感じられてよかったです。


本題(当然)の、腐部分について。
鳥井と坂木の関係は確かに萌えるんでしょう。
互いにとってなくてはならない状態が。
しかし私はこの二人は萌え切れなかったのです……。

なぜかと言うと「坂木が好きになれないから」です。
鳥井は誰よりも優しく、クールで臆病な受けとして
私の中で認定されましたから本当にこの理由だけです。

視線が偽善に満ちていると言うか、同情することを
肯定するときにいちいち鳥井との過去を持ってくるのが
なんとも言いようのないイヤーな感じでした。

そう思うのは、たぶん私の中にもそういう面が
あるからなんでしょうね。時たま鳥井の言葉が辛い。
「『犯人の心情を完全に否定できない坂木』を
完全に否定できない私」を感じるのが嫌でした。メタだなあ。

まあ、坂木は犯人の心情をばっさり鳥井が切ることで
自分と犯人の共通の部分を是正していくので、
ラストはそれなりにマシになるのですけれども、
始めの頃はこいつの一人称で進むのがきつかった…。
(文章自体は読みやすいんですけれども)

残念、今年はこれだけメインCPに萌えられなかったです。


ただ美味しかったのは栄三郎というお爺さんと、
最終巻で現れた栄三郎の友人安次郎。
古臭い名前、悠々自適の生活、昔からの友人、
お互いに「女好き」「口が悪い」といちゃつく、
呼び方は「ヤスちゃん」と「エイちゃん」…
くわあぁぁ、これで萌えないオヤジスキーなんか
いるものでしょうか、いるなら連れて来い!
「女好きの振りしておいて本命はエイちゃんでしょう!?」と
小10時間ぐらい洗脳説得して差し上げてよ。

ふう…落ち着いたわ。大丈夫よエディ。(誰?)

萌えても萌えなくても文章的にはかなり読みやすいですし、
依存的関係の特異さも、腐の方々なら余裕だと思います。
どうぞ夏の最後に……関係ないか。
| [その他]BL以外の小説 | 00:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:59 | - | - |