-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『GENTE 1』/オノナツメ、他一般コミック感想 | main | 『幻月楼奇譚 2』『僕のやさしいお兄さん 1』/今市子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『くちびるを濡らす恋の雫』/萩野シロ(亜樹良のりかず)
「ここ、が甘いのは、躰のなかから愛がとろけでてるから」

帯の文句にここを持ってくる意味が分かりません。
さすがプラチナ文庫です。

毎度過激な帯や表紙を目にするたびに思うのですが、
この付加価値をつけることで販促になる、と
思っている人がどこかにいるのでしょうか。
この付加価値があるから買う人がいるのでしょうか。
実はどっちも居ないのに過激になっているのなら、
無駄ですよね…それともBLを買う資格を問う試金石……?
それもまた誰のためにという疑問は残りますか。

まあそれは置いておいて、今日の感想です。




『くちびるを濡らす恋の雫』/萩野シロ
プランタン出版 (2007/08)
[Amazon]

☆あらすじ
テキトーで要領の良い聡は、高校時代に一方的に知っていた、
堅物で酒造の息子・四條と専門学校で親友となる。
四條のまっすぐさはテキトーな聡にとって、煩わしくも好ましく、
密かな気持ちを抱かせるには十分だった。
そんな二人は卒業の夜に、四條の実家の日本酒を酌み交わし、
酔いと欲情からキスを交わしてしまう。
それから音信のなかった二人は、偶然再会するのだが、
四條は爽やかで何もなかったのごとくに接してくる……

○   ○   ○   ○   ○   ○

あんな帯なのに中身は全然過激ではありません。
だってセックスシーンが1回しかないんだもの!
プラチナでは相当エロが少ないほうですよね。
帯とキラキラで2割方損している気がします……。

代わりにページを埋めているのは仕事方面です。
ありがちなんちゃってリーマンでもありませんし、
綿密に書き込まれたワーキングシーンでも、
何十億を動かしちゃいますセレブ系でもない、
受けは飲み屋の店主という地味っぷりなのですが、
飲み屋の店主が意外とリアルで面白かったです。

日本酒専門店、幻の吟醸酒、試飲、利き酒会などの
ファクターを入れつつ、あまり日本酒を飲みなれない人にも
わかりやすい単語を使っているような気がしました。
というかお酒が飲みたくなっちゃうシーンばっかなんですよね。
もう、日本酒専門の私には刺激が強すぎる!
急性アル中以来控えていた酒を飲ませるには十分な本でした…
そう、飲酒を再開させた本はこの本です。
美味しいのが飲みたいけれどあまり理屈をこねまわさない、と
言ったレベルが私と同じで読みやすくて良かったです。


エロは少ないとは言ったけれど、キスシーンはあります。
(しかも3回も。それは攻めが相当ウジウッジーなせいですが。
どう見たって外からはラブラブなんだけどな…。)
この3回ともエロスなんです…「いっちゃううん!」みたいな
喘ぎのある、執拗な濡れ場なんかよりもよっぽどエロス。
汗の匂い、と言う私の萌え単語を多用していた贔屓目も
多少ありますが、さすが黒ラキで書かれていただけありますね。

また、萩野さんらしく、受けが非常に男らしいというか
仕事に関してはプライドを持っており、コネがあるからと
言って、へいこらするタイプではないのが好感です。
ビジネスとしては甘いけれどそういう人って素敵。


ぜひこの硬派かつ抑えた中でのエロス路線を行ってほしいです。
文章が時々「ん?」と、流れが止まりそうに
なることもありますが、技巧のうちと言うことで…。
ひさしぶりのプラチナ、オススメの1冊です。

P.S. 純米酒最高!
| [BL・小説]萩野シロ | 20:10 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:10 | - | - |