-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 平日の昼間に出かける理由 | main | 『くちびるを濡らす恋の雫』/萩野シロ(亜樹良のりかず) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『GENTE 1』/オノナツメ、他一般コミック感想
こんばんは、クソレ・オブ・ジョイトイに爆笑したり
動画大量削除に凹んだりしているaya-meです。
本編の削除はわかるけれど MAD まで削除する必要性が
いまいちがわかりません。誰の利益になるわけでもないのに。
明確なガイドラインが欲しいです。

さておお振りと言えば、BL以外のコミックですね。
今週はBL以外のコミックを新刊中古あわせて結構買ったので、
少しずつ感想を書いてみることにしました。

以下ごちゃまぜでお送りします。



まずは古本から。


『お父さんは心配症 1』/岡田あーみん
(文庫版は4巻で完結)
[Amazon]


ものすごく懐かしかったので衝動的に買ってしまいました。
今読むと絵が途轍もなく下手に見えるけれども、
ギャグの切れ味は全然変わっていないことに驚きです。
20年以上前の作品とは到底思えない…高校生の娘の門限が
5時半や7時とかには時代を感じますけれども、
少女マンガのフィールドでよくこれをやったなあ、と。
今でも熱烈なファンがいるのも頷ける面白さとオリジナリティです。



『バルバラ異界 1』/萩尾望都
(4巻で完結)
[Amazon]


完結してから新刊で大人買いしようと思っていたのですが
いつのまにか完結していたため、古本で見つかってしまいました。
オリジナリティと言えばこの方の作品でしょう。
めまいを起こしそうな情報量と細やかな描写に圧倒され、
謎が謎を呼び、続きを読みふけるうちにいつのまにか
物語は収束してとんでもない満足感を得る作品でした。
きっとこの本も20年経っても色あせないでしょう。
SFもファンタジーもBLも描けるってどんなイマジネーションの
持ち主なんでしょうね…ありがたや、ありがたや。


ここからは新刊です。


『メンズ校 3』/和泉かねよし
[Amazon]




一応主人公格?である牧の恋愛が核とはなっているものの、
私がこの作品に期待しているのはそんなところではなく、
寒く熱いギャグと迫力です。今回も『花ざかりの君たちへ』を
逆手に取ったような学芸会他諸々、笑わせて頂きました。
ついでにこの巻ではレギュラーの乙女系男子花井に続き、
サーファーツンデレという珍しい属性の腐女子が
登場します。普通に腐が出る年代なのかなあ……。



『妄想少女オタク系 3』/紺條夏生
[Amazon]


典型的な腐女子が主人公の作品はこちら。
今回は妄想シーンが少なかったですね。
かわりに、主人公の腐女子仲間・まっつんの新聞紙を用いた
オタク女子講座が分かりやすくて好きでした。
ただ、ここでは『ある一作品好きのオタク女子の分類』でしたが、
腐女子は二次同人だけでなく「商業誌派」「同人オリジナル派」、
「生モノ派」などの派閥もあり(またがってる人も居ますが)、
細分化したらきりがないのですよね。
書き手と読み手にも別れるし…そんな腐世界を単純に
捉えられてしまいそうな気もいたしました。
ま、NHKなんかに比べれば御の字の出来ですけれども。

ここからはオノ・ナツメさんの新刊です。


『さらい屋五葉 3』/オノ・ナツメ
[Amazon]



スローなペースで進んでいますが、松の過去、政の妹の登場、
役人の八木と八木の死んだ親友「弥一」の関係…などなど、
結構な動きがあった3巻でした。台詞が少ないぶん、
表情で語っている部分が多く、(自分なりに)読み取るのに
時間がかかりましたが、時間をかける価値はありますね。
どれが伏線なのか推測するのも楽しいものです。
そろそろ弥一の過去に焦点が当てられそうな
雰囲気が漂い、4巻が早くも楽しみです。



『GENTE 1』/オノ・ナツメ
[Amazon]


ようやく真打ちまでたどりつきました。
『リストランテ・パラディオーソ』の過去編です。
はじめからそういう店がある設定もいいものですが、
お店のはじまりというのもいいものですね!
『リストランテ〜』では知りえなかった細かい設定が
ちりばめられており、もうそれだけで満足です。

ルチアーノとクラウディオが以前の職場でも同じだったとか、
はじめはジジとテオではないシェフ2人しか決まっていなかったとか、
ルチアーノの孫との係わり合いだとか、女好きヴィートの哲学とか…
ああもうBL展開を抜きにしても萌え悶え死ぬ。
1があるということは2もあるわけで…ああ早く続きが読みたい。
展開が気になるというより、彼らの生活の一コマを見たい。

GENTE(ジェンテ)=人々、の何気ない情を味わいつくしましょう!
| [その他]BL以外のコミック | 20:57 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:57 | - | - |