-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オノ・ナツメさんのサイン会参加レポート | main | 『雛供養』/剛しいら(須賀邦彦) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『子守歌…消えた』/剛しいら(水上有理)
前にも似たようなことを言っていますが、
BLはレーベルによって作家の風味が変わるものです。
中でも剛しいらさんは、耽美もの、人情もの、
アホアホものなど、幅が広すぎて、初心者に
一番誤解されてしまうBL作家のような。
最初に『座布団』を読むのと、『奪われた白衣』を
読むのとでは、まったく違う味わいですよね。

別にどれもこれも好きなのでかまわないですが…
剛しいらという作家は、はじめに読んだ本によって
540度見方が変わる作家だと久しぶりに耽美系の
この作品を読んで、つくづく思いました。

以下、感想です。




『子守歌…消えた』/剛しいら
角川書店 (1997/10)
[Amazon]

★あらすじ
美貌の転校生、遠野響の陰のある美しさに惹きつけられ、
彼を好きになった坂崎桜太。ふたりは次第に情を
通わせるようになるが、響はその関係を父に
知られることに異常に怯えている。
今まで仲良くしていた友人、障害となる人が
次々と事故などにあっており、それが父の執着による
結果なのではないかと疑っていたからだ……

*   *   *   *   *   *   *

あらすじに書いた部分で既にお分かりかと思いますが、
カップルの間に「家族」の問題が深く関わっています。
その家族との間になんらかの病的・事件的な問題が
軸に据えられているのがとてもJune的だと思いました。

剛さんの古めの著作は、June出身者だけあって、
BL用として描かれている最近の作品たちとは
明らかに趣が異なります。もちろん出版社の意向も
あるのでしょうけれど、このシフトチェンジの
巧さと言うか、順応性は凄いものがあります。
(山藍さんのBLなんて、ちょっと……ね。)

まあ、BLだJuneだという点は置いておいて、
この作品の伏線と展開は、BL読みとしてではなく
本読みとして非常に面白かったです。


まず桜太と響の恋愛軸から、なぜ響が父の鼓へ怯えるのか、
という点から、鼓の異常な愛、そして過去の話、
事件軸へとシフトしてつながります。
そして今までの軸では端役だと思っていたキャラが、
実は事件軸では重要な人物の役目を果たしたりして、
二つの軸が展開するさまにぐいと引っ張られました。

ちなみに恋愛軸でも、桜太と響以外に軸が存在しています。
ここで書くとややこしくなるので詳しくは書きませんが、
そのうちのひとつの軸が事件軸でも重要なファクタでした。
このような関係を事件の中にすっと組み込めるのは、
BLというジャンルならではの利点だと思います。


剛さんのアホアホの類で合わないものを読むと、一瞬、
「なんでこの人のを読み続けてるんだろう?」と
自問するときもなきにしもあらずなのですが、
こういったレベルのお話を読めるからなのでしょう。

以前、この本は図書館の一般書の単行本の棚にあって、
不似合いのような気がすると書きましたが、
読み終わった今はそれで正解のような気がします。


絶版ですがあまり目立たない古書店などの単行本棚に
ひっそりとあったりするかもしれません……。
ちょいとJuneチックなものがお好きな方はどうぞ。
| [BL・小説]剛しいら | 21:42 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:42 | - | - |