-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『くちびるを濡らす恋の雫』/萩野シロ(亜樹良のりかず) | main | 恋は鳥の中で >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『幻月楼奇譚 2』『僕のやさしいお兄さん 1』/今市子
ああ、きれいだなあ、この表紙…!



この二人の雄弁なまなざしに表紙だけでもいい気がしてきた。
よろしくないので感想を書きますけれども。

今市子さんのBL作品が同じ月に発売されると言う、
稀有な事態を記念して、2冊合わせて感想です。




『幻月楼奇譚 2』
徳間書店 (2007/8)
[Amazon]

あらすじ・人物などは、1巻の感想を見て頂ければと思います。

素っ頓狂で近代ものの落語の主人公にでも似合いそうな若旦那と、
なんだかんだ言ってそんな若旦那といちゃくらしている幇間は、
あいも変わらず、人が死んだ殺された、アレが出たコレが出たと
てんやわんやでちっとも恋が進展しやしません。
和服なんだからさっさと脱がせて(以下略)…コホン。

もちろんそのミステリー部分は大変面白いので
別に不満があるわけではありません。
百鬼夜行抄の面白さがBLのフィールドで
展開されるのはとても喜ばしいことだと思います。

それに、不思議なことに、恋とか愛とか言うよりも、
この二人の追従振りを見ると、円満な熟年夫婦が
醸し出す空気のような温かさを感じると言うか、
なじみの客と幇間の間を越えた空気が漂ってくるんです。
この年にして落ち着きすぎもどうかと思いますけれど、
微笑ましいからこれはこれでいい気がします。

舞台が吉原だけに、百鬼夜行抄よりも、男女の愛情の
もつれからくる事件が多いので、この二人の関係は
清涼剤の役割を果たしているようにも思われます。

まあ、深い関係の空気が1巻より濃くなったように感じられたので
そこから進展を汲み取っておくことにいたしましょう…。
しかしちゃんとしたシーンまでそのペースで行ったら、
何冊、何年待っていればいいんでしょうね?(苦笑)

とりあえず、また3年後にまみえることを楽しみにして
おくとしますか。ガラかめよりは早そうじゃん!と
ガラかめファンは耐えることを体得しています。


『僕のやさしいお兄さん 1』

芳文社 (2007/8)
[Amazon]



★あらすじ
柏原聖は、二丁目デビューした夜、はじめて本当の恋を知った。
お相手は‘千人斬り’と名高い二丁目の王子。
でもキスをされた直後の彼がシャワーに入っている間に、
父危篤の連絡が入り、聖はホテルを泣く泣く去った。
ところが数日後、大人達の事情で同居することになった
義理の兄・鉄平が王子と同一人物だったのだ---

*   *   *   *   *   *   *

幻月楼奇譚を百鬼夜行抄と同じあやかしミステリ系の話だとすれば、
こちらはあしながおじさんたちの行方などのホームコメディ系です。
あ、そういえば『あしなが〜』と同じく、
血のつながりがない人と暮らすのも同じですね。
「義理の兄」という題材はBLには飽和状態ですが、
それが二丁目で会った運命の人とは珍しいかと。

義理の兄・鉄平のほかにも、もう一人血のつながっていない
兄・彰人も同居したり、父親の葬式まで面識がなかった
実の母と暮らしたり…ボーイズラブしてる暇も無く、
人間関係がしっちゃかめっちゃかに絡み合っています。

その上、今まであった生活が一変してしまうことで
余計な気を遣わねばならない環境になり、
15歳にしてなんだか…ご愁傷様な感じです。
家族に対する感情って特別なものですが、
これから家族になる、ならなければならない人への
感情ってのもまた独特の気遣いが息苦しいものですね…
その相手に惚れているとあらばよりやっかいであり、
なんだか応援してしまいたくなったのでした。


一応ラストのページではラブっぽくなっているのですが、
きっとこの先も血のつながっていない家族に振り回されて、
まともに進展してくれなさそうな予感です。

ああっ、続きを早く読みたい。完結してから買うんだったー!
でも面白いから新刊を買わずにはいられないというジレンマ。

さあ、どちらも読んで、私と同じ苦しみ=次巻読欲症に陥りませんか…?
| [BL・コミック]今市子 | 21:40 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:40 | - | - |