-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『子守歌…消えた』/剛しいら(水上有理) | main | 『可愛いひと(DX版)』/紺野けい子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『雛供養』/剛しいら(須賀邦彦)
剛さんが続いてしまいました。
続けて書くつもりはなかったんですが、
ちょっと衝撃があったもので…。

今回登場するアイテムに雛人形があるのですが、
実を言うとあんまり好きでなかったりします。
ビスクドールはまだ平気ですが、日本人形が怖い。
なんだか情念のこもっていそうな目が苦手です。
ひとが好きなものを貶したりするつもりはないですが、
人を呪っても全然おかしくない目です。(偏見)

そんな怖い・理解不可能な印象をこの作品にも感じました。
以下、いつもよりネタバレ強めで感想です。




『雛供養』/剛しいら(須賀邦彦)
徳間書店 (2002/04)
[Amazon]



あらすじ
仕事は順調、結婚も決まった。でも靂(れき)は、義弟になる
志筑(しづき)の視線が不安でならない。精悍で野性味に溢れた
大学生の志筑の、靂を追う執拗なまなざしは、
なぜか日増しに強くなっていくのだ。
美しい婚約者の隣にいてさえ、そのほの昏い熱を感じるほどに…。
そんなある春の宵、婚約者の家に泊まった靂は突然、
闇の中で志筑に抱きしめられてしまい……

*   *   *   *   *   *

兄弟に愛される3Pの受の話は何度か読んだことがありましたが、
姉弟に挟まれる話ははじめて読んだような気がします。


BLにおいて、女性がもろに絡んでくる場合、
「女性がからむのは嫌」、「居なくていい」なんてことが
ありますが、それはあまりにも女性に人間性がなかったり、
恋路を邪魔する者に他ならないからだと思います。

しかし、この小説では、姉がキーでした。
姉から弟が受けの靂を奪いとる形をとりながらも、
実はそれを一番望んでいたのは姉でした、という……
この歪んだ関係に恐怖を覚えました。
しかも靂とはセックスをしないながらも、ちゃっかりと
体を重ねて精子だけ頂いちゃってるし!うわー…(絶句)
セックスじゃないけど体は重ねる、とは分かりづらいかも
しれませんが、文字通りそのままなのです…。

それを姉の願望だから、とOKする志筑もどうなのでしょう?
恩があったから、返せるのはこれだけだからって……。
まあこれだけじゃなくて、すべてにツッコミたい奴なんですがね。
ストーカーだし不法に住宅に侵入しているし……。

それもこれも、姉と志筑とのいびつな関係ゆえなのでしょうか。
直接は抱き合わないのはBLでのタブーだからなのでしょうが、
いっそ近親相関のほうが巻き込まないだけマシなのかもしれません。
そんな粘度の高い密な関係を持った姉弟でした。

でも、このドロドロした兄弟にとりこまれた靂は靂で、
執着的に愛されるのが本質的には好きだったからいいのかな……?
そういう性格を姉が見抜き、引き合わせたのだから
姉の計画通り、一人勝ちとしか言いようが無いですね。
別に幸せならいいんだけれどさ……若干気持ち悪いです。

情熱的にお互いを求めたり、BLならではのシーンが
ないことはないのですが、いかんせん姉の病みぶりが
怖くてそっちに気をとられて仕方がないお話でした。

よくこの小説にCharaはGOを出したものだなあ…。
いい意味でも、悪い意味でも、あまり類を見ないお話です。
そういう暗くて粘っこいのも好きな方はどうぞ。
| [BL・小説]剛しいら | 22:17 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:17 | - | - |