-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 恋は鳥の中で | main | 『子守歌…消えた』/剛しいら(水上有理) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
オノ・ナツメさんのサイン会参加レポート
1週間と少し、もう夜も眠れず……うそです、
しっかりと台風の轟音の中でも寝てましたけれど、
楽しみにしていたオノ・ナツメさんのサイン会に行ってきました。
渋谷は日本一私に似合わない街ですが我慢、我慢。

開始10分前に並び始めのアナウンス、とのことだったので、
15:30ぐらいに渋谷駅へ着き、店内で待つこと15分、
聞こえないような小さいアナウンスにもかかわらず、
熱意のあるサイン会参加者が階段に並びました。

番号を確認しながら並び、落ち着いたところで
周りを見回してみたところ、意外に男性が多いのです。
女性のほうが多いですが、7:3〜6:4といった印象。
身なりにも気を遣っている人が多いように見受けられ、
中にはお仲間がいました(確実)が、一見ノンケが多そう。
オノ・ナツメさんの作品の普遍性がわかります。

それにしても列で待つときの人間て興味深い。
ひたすらケータイを見つめて打ち込むひと、
手当たりに何度も整理券や本を確かめるひと、
ただひたすらに虚空を見つめているひと、
隣の見ず知らずの人と話しはじめるひと…、
みな緊張ゆえの逃避行動なんでしょうかね。
え、私? 私はこんなネタを考えていた人です。


さて、そうこうしているうちにサイン会がはじまりました。
揃って一箇所に移動して順番待ちをするのかと思いきや、
せまいスペースでやるようで、1回に10人くらいが下の
階段へ移動して、ちょっとずつ移動する形でした。

幸い早い番号だったのでそれほど待たずに、
1階と、会場であるB1階の間の階段へ。
スペースはほんとうに小さく、会議用の机がひとつ、
脇に女性三人(アシさん?出版社のひと?)が立ち、
オノさんが中央で座してサインをしていました。
スペースが階段の下のスペース(階段が「く」の字だとすれば
「く」の左下のスペース)なので、階段の一番下まで降りないと
オノさんの顔が拝見出来ないようになっていました。

一段、一段、降りてゆくたびに緊張が高まり……、
ついに自分の番。顔を拝見して、サインをしてもらって…、
残念ながら顔は緊張してあまり覚えていませんし、
ひとの容姿をどうこう言える人間ではないですが
小柄なこのかたがあの絵を…と不思議な感覚でした。
やけに帽子がキュートだったことだけ覚えています。

私は差し上げるプレゼントも用意していなかったので、
サインをもらった本/特典を頂いてお礼をして、
すぐに階段をあがり、逃げるようにして店を出ました。
やー、人間緊張するとダメダメですね(笑)
外は喧騒な渋谷の街並みで、なんだかあの地下の空間は
別世界のようでしたが、ちゃんとサインは現実に(↓)。



mille grazie!
=どうもありがとう、らしいです。
こちらこそどうもとても
ありがとうな気持ちです。



また、特典で頂いたペーパーと小封筒を開けてみると…!(↓)


左上から、
ペーパー
ナツメ会会報
イラストペーパーブック
ポスタの縮小版シール
ポストカード

という豪華な詰め合わせでした。


これがサービスだなんて……お金出しますわ!(出さないけど)
きっと一生手放さないでしょう。火事になっても
これだけは助かるように金庫でも買おうかしらん。

サイン会初参加の身で悟ったようなことを言うのもなんですが、
直で触れ合えるという体験はやはり価値がありますね。
メールだけの知り合いや仕事先の人でも、
顔を見るとぐっと人間性を感じられるのと同じかな。
緊張する、ということもいいことなのかもしれないですしね。
くそ暑いなか行った甲斐がありました。

オノ・ナツメ先生、お疲れ様でした&ありがとうございました!

P.S.
あまりに暑くて疲れたのでその後行く予定だった
池袋の今市子さんの原画展はとりやめて
ケーキを買って(脈絡なし)帰りました……。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 21:44 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:44 | - | - |