-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『雛供養』/剛しいら(須賀邦彦) | main | 積読を減らせ!(無理) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『可愛いひと(DX版)』/紺野けい子
タイトルは『可愛いひと』ですが、この作品の感想は
すでにこちらで書いているので、日記と、
単行本未収録の作品の感想がメインです。

昨日は早めに帰れたのでディアプラスの新刊を
チェックしようと地元の書店に立ち寄りました。
結局、砂原さんと松岡さんの新刊を手に取り、
店内をうろついていたらこの作品が。

もともとはそれほど買う気ではなかったのですが、
表紙を見たときにリブレのテンプレートの装丁でない、
カラーのふたりを見たらつい手がのびてしまいそうに……
しかしそこでケチケチ精神の私が登場。

ケチ:『それ持ってるでしょ?出費の多い今月はやめなさいよ』

そうか、そうよね、もう既にお給料貰ってから
2万円以上(異常)も本買っちゃってるんだったわ……と
ケチケチしようとしたら、負けじとコレクターの私が叫ぶ。

コレクター:『今をのがしたら買えないかもよ?』

ぐむむ、確かに……BLは買いたいときに買わないと、
いつの間にか絶版になってたりするからなあ……。

ケチ『でも来月にはなくなりはしないわ、今はいいでしょ?』

ぐむむ。まあそれも正論なんだよね。けど…

コレクター:『店頭にはなくなるぜ?注文めんどいだろ』

と脳内で何度も言い争いをして一向に決まらないので、
とりあえず手にとって見ると、そこには『単行本未収録』の文字。

全員:『……買い!!』

満場一致、百考は一見にしかず、めでたしめでたし。
今月の本代は23000円を超えましたとさ。

さて購入の経緯はこのへんにしておいて、感想に参ります。
と言っても短めですが一応隠します。




『可愛いひと』/紺野けい子
リブレ出版 (2007/9/10)
[Amazon]

短編「ジプシー on the プラネット」のあらすじ

友人と暮らしていた神崎は、友人に彼女ができたため、
家を出ててしまった。住むところも(お金もあまり)なく、
途方に暮れていたところ、顔見知り程度のクラブの店員・恭二に
「本気でアテがないなら俺んとこ来てもいいよ…襲うけどな」と言われ…

*   *   *   *   *   *

いきなりネタバレしましょう、吸血鬼ものです。
吸血鬼もの……というと、まあこの世界ですから、
エドガーやアランを思い浮かべて耽美な雰囲気に
浸りそうになるのですが、そこは現代風になっています。
老けない、記憶を消せる、深い人付き合いはできない、
そうやって生きているのは同じですけれどね。
惑星のジプシーとはよく言ったものです。

その基本的設定に加えて、バンパイアは
好きになった人の血が好きなゆえに、
血を吸いすぎてしまうという設定が加えられています。

この設定が切なさを盛り上げると同時に、もしかして
神崎も……というよくない結末を予想してしまったのですが、
ラストはしっかりと甘めにしめられています。

都合いいと思う人も居るでしょうが、この設定で
ハッピーエンドにしてしまう甘さを私は肯定します。
バッドエンドも好きなのですけれど、この二人には、
ハッピーエンドになってもらいたかったので……。

吸血鬼ならではのシリアスな部分と、コメディというか、
紺野さんらしい可愛さが同居していて非常に面白かったです。


もうひとつの未収録作品の「ぼくの好きなひと嫌いなひと」は、
双子もの。弟が兄の彼に横恋慕するお話なのですが、
たった4ページなのに広がりを感じる作品でした。
紺野さんの絵はなんとも甘酸っぱい感覚を思い起こさせますね。

『可愛いひと』本編、シンとハルのおまけ編、『ジプシー〜』、
『ぼくの〜』、全て入って1000円ポッキリなら安いですね。
『可愛いひと』を読んだことがない方は、この機会にぜひ!

P.S.
しかしファンとしては『可愛いひと』本編でもおまけでも
いいから、書下ろしが欲しかった…そしたら1200円でも買いました。
| [BL・コミック]紺野けい子 | 21:12 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:12 | - | - |