-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 積読を減らせ!(無理) | main | 秋の訪れ、池袋へ訪れ、タイミングのずれ、貼り忘れ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『夢の卵』/鷺沼やすな(今市子)
以前に新書版で一度読んだので既読なのですが、
文庫版をあらたに読みました。
挿絵が変わるだけで随分変わりますね。

文庫版の挿絵は今市子さんが描かれているのですが、
めずらしくあとがきにも今さんが1ページ描かれており、
そこにちょっと面白いことが書かれていました。

要約すれば、
『黒澤太夏志は私の理想の攻め。だからこそ他の人の絵で見たかった』

そういうものなのですか…、確かに今さんの絵だと
優しすぎる感じがしなくもないかも。挿絵って独特ですね。
私は今市子版の方が好きですけれども。

では、以下感想です。




『夢の卵』/鷺沼やすな
オークラ出版 (2005/06)
[Amazon]


★あらすじ
モデルのような容姿のベストセラー作家、太夏志(たかし)が
強引に自分のものにした、秘書の詩草(しぐさ)。
優しく綺麗なうえに有能な詩草は、申し分のない恋人だ。
ただ、常にクールでつかみどころのない性格は、
同居を始めてからも変わることはなかった。
ところが、伯父の葬儀のため出かけた詩草が、
戻ってきた時には13年分の記憶をなくしていた。
いつもと違い、無防備に寄りかかってくる少年のような詩草に、
太夏志は戸惑いながらも新しい愛情を感じはじめて―。

*   *   *   *   *   *

このあらすじは秀逸だなあ…ほとんど手を加えなくても
良いくらいです。お分かりのとおり記憶喪失ものです。

記憶喪失ものというと、受と攻がドタバタと慌てふためく
コメディ的な演出と、逆にシリアスに涙を誘うような演出の、
2通りがあるかと思いますが、こちらは後者でした。

しかも、あまりにも静寂とした記憶喪失ものです。
うーん、例えるとすれば、編集され、テロップをつけ、
心の病気は大変なんだよ、と喧伝する番組ではなく、
ただそのままの真実のみを映す番組のような静けさです。

言い方を変えてしまえば、地味でもあります。
記憶喪失に事件的な契機があるわけでもなし、また、
戻ってくるときも実にスッと自然な形で帰ってきます。
しかしそれが退屈とは感じられないのは、きちんとした取材を
もとにした『心理』の的確な描写にあると思います。

詩草の不安な心情、太夏志の二人の詩草(退行した少年の詩草と
今の本来の詩草)への揺れ動く愛情、詩草の伯母、
詩草のカウンセラ…登場人物の心の機微が微細に描かれており、
そんな中で、愛情とは、記憶とは、どんなことなのか、
静かに語りかけてくる素晴らしい作品なのです。


それをさらに相乗するのは、鷺沼さんの知的で澄んだ筆致です。
鷺沼さんの小説を他にも何冊か読みましたが、
地の文も、登場人物のセリフも凄く知的であり、
はっとする言い回しがそこここにあります。
それがややもすればとっつきにくくもあるのですが、
それが今回は非常にマッチしていて良かったです。

どちらの版でもかまいませんが、私は今市子派です。
詩草の繊細さと退行時の幼さがよく出ているので。
オススメの一冊です!

P.S.
最大のネタバレですが、一番好きな、太夏志と仕事仲間の尾形の台詞。
太夏志:『子供好きですか?』
尾形:『好きだよ。僕にとって子供は夢だよ
太夏志:『夢ですか?
尾形:『性善説を信じる大人の夢なんだ。
まさに核心ですね。カウンセラの森女史もよかったけれど。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:12 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:12 | - | - |