-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 三連休は色々と視聴 | main | 『三村家の息子』/明治カナ子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『駄犬は愛を求める』/鳩村衣杏(一馬友巳)
だけん、という間抜けな響きで思い出したのがいじわるばあさん。

近所の奥さんが「ダンケ」という飼い犬にえさを
あげようとしたら、縄を抜けてどこかへ行ってしまった。
そこでいじわるばあさんも探すのを手伝うことに。
奥さんが「ダンケ!ダンケ!お食事よ〜」と探すのに対し、
いじわるばあさんは「駄犬!駄犬!粗食事よ〜」と
言って探し回るのでした、と言った話。

そのイメージがあるせいか、カテゴリを表すタイトルとはいえ
「駄犬」って酷くないですか、だけん。
ヘタレ系にはダメとかバカが似合うのかな…。

以下、感想です。




『駄犬は愛を求める』/鳩村衣杏
リブレ出版 (2007/03)
[Amazon]


★あらすじ
巽(たつみ)が勤めるレンタルビデオ店にやってきた
いけすかない客・裕城(ゆうき)は実は人気若手俳優。
クールなイメージの裕城だが、素顔は全然異なる。
そんな彼に惚れられ、身も心も独占したいと迫られた巽は
「お試し期間」を設けることに…ゲイではあるが、
情熱的な年下のオトコなんて好みじゃない巽だが、
まっすぐに愛をぶつける裕城に巽は揺れて……

*   *   *   *   *   *

読んでみたら大して駄犬でもなかったです。
でもタイトルが掲載分の『僕の味方』だったら
ちょっとインパクトがないから正解だったかも。

駄犬と言うには攻めの裕城は(かわ)いい男だと思いました。

当初は戦隊もののクールキャラを演じているため、
私生活でもそのイメージを崩さないよう強制され、
とっつきにくくイラッと来ますが、たった30Pちょいで
完全に巽に懐くワンコの本性が出ています。
大まかに言ってしまえば、こんな変遷。

「泣ける映画、ある?オススメのないの?」
 ↓
「この間はサンキュー」20Pぐらい
 ↓
「友達になってくれって言ったら……迷惑?」34P

早いよあんた!と突っ込みたくなるほど芸能人にしては
素直で警戒心がなさ過ぎてほっとけない感じがするというか…、
キレイな顔の割に意外と大人な巽にとって、そんな裕城が
ストレートすぎて、かえって惹かれてしまうのもわかります。
あ、そうか、「駄犬」ってのは可愛い故に「バーカ」(笑)と
照れながらなでなでする感覚なのでしょうかね。

巽はそこらにいそうなゲイの感覚と、
男らしい考え方のバランスがグーです。

前者は自分がゲイだから引きずりこんではいけないと悩んだり、
タチだからこいつとは合わないかもと思うこと、
後者は年下だからお金を出してもらうことに抵抗感が
あるということ。まあ、ひとによりけりでしょうけれど、
ちょっとそういうところで見栄をはっちゃう男って
なんだか可愛らしい男らしさだな、と思います。

それが今回は障害となるわけですが、
意地っ張りな巽とストレートなだけの裕城が、
次第にお互いのことを想うようになり、
しっかりと地に足の着くような地点へ到着する、
その過程を読みやすいながらも味わって読めました。

今までに読んだ鳩村さんの著作全体への印象として、
派手な設定があろうとなかろうと、互いを想いあう過程を
しっかりと描き、地道な点に落ち着く感じがします。
まさにそのとおりの作品でした。
(もちろん地道な点、とはつまらないと言う意味ではないです。)


素直なワンコ攻め好きにはたまらない一冊でした。
お好きであればどうぞ〜。
| [BL・小説]鳩村衣杏 | 22:43 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:43 | - | - |