-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『三村家の息子』/明治カナ子 | main | 『彼の背に甘い爪痕を残し』/鳩村衣杏(ひたき) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2007年10月新刊購入予定リスト
このリストを書いている時点ではまだ9月ですが、
10月にこのブログも2周年を迎えます。
持続性に欠ける自分にしてはけっこうな記録かも。
何かまた企画を考えたいものです…アンケートかな?
もしリクエストがありましたらコメントでも
メールフォームでもお便りくださいませ。
他力本願、他力本願ひと様の意見も取り入れないとね!

では10月のリストです。

BL以外:コミック
05 小学館 とめはねっ! 2 河合克敏
17 集英社 ミズシネマ 3 みずしな孝之
17 竹書房 けものとチャット 3 みずしな孝之
19 白泉社 しゃにむにGO 27 羅川真里茂


先日の日記で書いた『とめはねっ!』の2巻がもっとも楽しみ。

小説/エッセイ/雑誌
05 太田出版 あのひととここだけのおしゃべり よしながふみ
10 電撃文庫 キノの旅(11) the Beautiful World 時雨沢恵一



少ない(笑) そのぶん古本につぎ込もう…。
10/03 『あのひとと〜』追加。

BL:コミック
01 角川書店 きみが恋に濡れる 高永ひなこ
10 リブレ出版 番人 国枝彩香
24 幻冬舎 ナインストーリーズ1 トジツキハジメ
27 竹書房 飴と鞭 内田カヲル
29 芳文社 思い過ごしも恋の内 ヤマダサクラコ
31 マガジン・マガジン 海鳴 神室晶&高緒拾


全員楽しみとしか言いようがありません。
内田かおるさんは内田カヲル、と改名されたのですね。
内田さんの飴と鞭に期待が止まらない。

小説
10 ショコラノベルス アンダルスの獅子 松岡なつき ※1
10 ディアプラス文庫 ロマンスの黙秘権 (3) うえだ真由
11 クロスノベルス すべてはこの夜に 英田サキ ※1
15 B's-LOG文庫 盗みに参ります 剛しいら ※1
15 二見書房 老舗旅館に嫁に来い! 小林典雅 ※2
15 二見書房 身代わり花嫁の恋 柊平ハルモ(上田規代 ※2
18 白泉社 花丸文庫 恋に命を賭けるのさ 鳩村衣杏 ※1
中 シャイノベルス 水底の月(仮) 椎崎夕
中 リブレ出版 素直じゃねぇな 英田サキ ※1
27 徳間書店 キャラ文庫 FRESH&BLOOD(11) 松岡なつき ※1
27 徳間書店 キャラ文庫 シンクロハート(仮) 剛しいら ※1
下 蒼竜社 吸血鬼と愉快な仲間たち(2) 木原音瀬 ※2
末 幻冬舎 溺れる彼の恋心 義月粧子
末 幻冬舎 美しき厄災〜ビューティフル・ディザスター〜 鳩村衣杏 ※1
末 幻冬舎 蟲蠱の虜 六青みつみ ※3

※1 今月同じ作家が重なりすぎです。あらすじ・表紙次第かな…。
※2 延期ものも多いですね。木原音瀬さんは慣れっこですが。
※3 こちゅうと読むそうです。ななさん情報Thanksです!
10/11、ロマンスの黙秘権3追加。

★今月の気になるタイトル
23 KAREN文庫 海に眠る 葛城ちか
23 KAREN文庫 テイク・ラブ 野村史子

今月も出ていましたが、新装版もののようです。
KAREN文庫自体は読んだこと無いんですけれど、
今月の吉原さんの『銀の鎮魂歌』が面白かったので買おうかな。

☆今月のムカッとくるタイトル
好きだけどっ/神崎貴至
パワーオブラブっスよ/篠原栄
きみと、恋をしよう 社員寮は大騒ぎ!/森本あき

「好きだけどっ」→……だから?
「パワーオブラブっスよ」→あ、愛の力…しかもなぜ馴れ馴れしい?
「きみと、恋をしよう 社員寮は大騒ぎ!」→勝手に騒げ。
とつい突っ込みたくなってしまうタイトルぞろいでした。

□積読状況
124冊。ちょっとだけ増加ですがあれだけ買った割に
これだけ消化できているならもっと(略)
| [その他]月別購入予定リスト | 21:23 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:23 | - | - |