-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『駄犬は愛を求める』/鳩村衣杏(一馬友巳) | main | 2007年10月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『三村家の息子』/明治カナ子
生まれてから東京付近にしか居たことがないので
田舎の人間関係をリアルに感じたことがありません。

しかし田舎の旧家に生まれた友人(♀)曰く。

「悪名千里を走る、を地で行ってるよ」
「どうせ相続税で沢山持っていかれるくせに
中学生ぐらいから跡継ぎがどうこう言われた」

……田舎の旧態依然って凄いと思った覚えがあります。
そんな古き田舎の湿り気を感じさせる作品でした。

以下、感想です。




大洋図書 (2005/8/19)
[Amazon]



☆あらすじ
田舎町の資産家、三村家の次男・弓(きゅう)と敏夫は
幼馴染みで親友同士。年頃になった敏夫は弓への恋心を
ひそかに抱いていたが、田舎と言う閉塞的な社会で打ち明けられずにいた。
そんなある日、家出中の弓の兄・角と偶然接触した敏夫は、
彼に誘われるまま深い関係になってしまい……

*   *   *   *   *   *

題材としてはそんなに目新しくはないと思うのですが、
それでも今までにあまり読んだことのないような
そこかしこに漂う仄暗さはなんなんでしょう。

キラキラした、いかにもライトなBLな作品を
日のよく当たる庭でガーデンパーティと例えるなら、
これはカビくさい和室の隅っこで一人で夕飯みたいな。
(ちょっと深井結己さんに似たトーンかな?)
タッチとかトーンとか三村兄弟の昔話とか、みんな、
暗いせいでしょうか。濃いエロシーンまで暗いんだもの。
表題作のシリーズ以外の作品も全て狂気をはらんでいます。

まあ、なんでかはわかりませんが、その湿り気が
嫌いになれず、読ませてしまう魅力があるのが凄い。


……あ、話の内容への感想を一文字も書いていませんね。

三村家の息子シリーズについては、まあ、
はっきり言って敏夫がバカだなぁと思います。
弓が好きだけれど、資産家の跡継ぎと言う弓の立場、
また、ゲイというだけでそこらで噂になってしまうような
社会で打ち明けられないのはしょうがないです。

しかし、いくら兄弟だから似ているからとはいえ、
角とセックスしてしまうというのはバカでしょう!
弓が兄とのコンプレックスを抱えながらも、
なんとか敏夫に近づこうとしているのに、
それを受け入れられないような状況にするだなんて
北島マヤが演じるビビよりおバカさんでしょう。

…たぶんこんなに怒っているのは、ノンケに恋した自分が
もし敏夫と同じ立場に立ったら同じようなことを
しそうな自己嫌悪から来ているとは思いますけれどね、
むかつくものはむかつくんじゃい!

家を放棄する兄、せっかく細やかに描写される弓の神経を
逆なでするような敏夫…なんだか弓がちょっと不憫。

跡継ぎ問題が一応は解決するのですが、そこから関係が
どう発展していけるのか、全然先が見えません。
これは続きを読まねば!


他の作品についても少しずつ感想を。

■彼は独りで
 →病んじゃった人間の心理がダイレクトで痛い。

■雨に酔う
 →ああ、やっぱり好きな題材が深井結己さんに似てるかも、と
  思ったのはこの作品を読んだからでした。
  暗いけれどこの題材は優しく感じられるのが不思議。

■もしたられば+おまけ
 →年の差年上攻めの臆病さが愛おしい。おまけがいろんな意味で切ない。

明治さんのほかのコミックスも読んでみようっと。
暗めのお話が好きな方にはオススメです。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 20:39 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:39 | - | - |