-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2007年10月新刊購入予定リスト | main | 『KISS ME テニスボーイ』/京山あつき >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『彼の背に甘い爪痕を残し』/鳩村衣杏(ひたき)
はぁー…良いわぁ。(モモカンぽく)
あ、温泉に入ったひとみたいですみません。
でもなんだかこの本を読んでいたら気持ちがほんわりと
温く(ぬるくではなくて、ぬくく)なってしまって…。
絵で言うと、コメントでacoさんが言っていたとおり、こんな感じ。

ふう……いい話だった…
(『可愛いひとDX』/紺野けい子・リブレ出版より)

ただ、中身がこんなに心温まるお話なのに、
表紙がどうみてもバリバリヤクザものにしか
見えないのはだいぶ損している気がする。
ヤクザものも好きですけれどね、装丁は大切だから、
もうちょっとしっとりとしてもいいような…。

では以下、出版社いわく、
『甘く切ない珠玉のビタースイートラブ』の感想です。




『彼の背に甘い爪痕を残し』/鳩村衣杏
ムービック (2005/5/31)
[Amazon]


☆あらすじ
ある事件のせいで筆を絶った小説家の音弥(おとや)は、
出版翻訳代理店でバイトを始める。人と関わることを怖れる音弥に
上司で腕利きのエージェントの峻介(しゅんすけ)は、優しい笑顔を向ける。
意外と不器用で嘘のない峻介の生き方に次第に惹かれていく音弥は、
ある本の翻訳(下訳という出版社紹介向けの翻訳)を勧められることに…。

*   *   *   *   *   *

二行にまとめると、
「小説を書くことで、人を間接的に傷つけてしまった音弥を、
翻訳をさせることで前向きにさせた峻介」のお話。

他人から見れば些細な事、関係ないと逃げられるような出来事、
けれど音弥には重かった事件で傷つき、ひっそりと他人から
心を閉ざして暮らそうとしてしまった音弥にとって、
その峻介のとった方法はかなり危ういものです。
はっきり言って、当初は迷惑かも、とも思えます。

しかし、それが荒療治とは思えないのです。
峻介の人柄、音弥の心情の変化をじっくりと描いた後に、
その上で熱心に掘り起こそうとするので、本当に音弥の事を
想っているのがわかり、心を打たれました。

また、峻介は実は音弥の作家としての顔を知っていて、
しかも音弥のファンなのです。
そこでファンなら突撃してしまいそうになるところを、
焦らずに信頼を勝ち得てから翻訳を依頼したというのも、
節度のある、信頼させてくれる大人なキャラとして
峻介を描かれていたのが素敵でした。

かと思えば、峻介はコーヒー豆やクリップをぶちまけ、
しかもそれくらいですぐに赤くなるなんてところが可愛い。
このギャップは萌える……!

音弥も繊細すぎるきらいはありますが、小説家としての根性、
また毅然と相手に立ち向かうシーンなどは男らしく小気味良いです。

『子供に内緒で』のふたりじゃありませんけれど、
秘密も誠実に打ち明けられる関係っていいですね。
このカップルも落ち着いていて好きです。


また、ワーキングシーンも非常に興味深かったです。
出版翻訳代理店なんてはじめて知りましたよ……。
知らない職業が出てくるのも楽しいですし、
ありがちな「事件→解決」が珍しい仕事のシチュエーションを
絡めていると、設定が目新しくなって楽しいんですよね。

海外小説好きの人はこういう仕事、いいだろうなあ。
鳩村さん著の『映画館で遭いましょう』シリーズの舞台、
映画配給会社にも少し似たところがありますね。


鳩村さんの小説アタリ続きでした。
肌寒い秋の夜長にオススメです。(このフレーズが好きらしい)
| [BL・小説]鳩村衣杏 | 21:44 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:44 | - | - |