-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『彼の背に甘い爪痕を残し』/鳩村衣杏(ひたき) | main | 『黄昏に花』/樹生かなめ(槇えびし) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『KISS ME テニスボーイ』/京山あつき
9/25、京山さんとツタさんが同じ日に発売だなんて、
なんてベアウチフルでウォンデアフル(Beautiful, Wonderful。
中学の時そうやって覚えませんでした?)な日なんだ!と
発売日の就業後書店にウキウキで駆け込んでみたら、
なぜか京山さんの本しかないという不運。
よりによって今日持ってきた本は読み終わっている…、
……ゴッドダム!(goddam! いわずもがな)

けれど、帰りの電車の中でこの本1冊で十分ウフウフ言えたので
あの書店の戦略は正しかったと言えます。(戦略なんて無いだろうけど)

ニヤニヤが止まらない1冊をご紹介です。




『KISS ME テニスボーイ』/京山あつき
徳間書店 (2007/9)
[Amazon]



☆あらすじ
「どいてろチビッ子ジャパニーズ」
と、テニス留学中の寺門要(じもん・かなめ)に、
ケンカを売ってきた金髪の美少年ダニエル。
数年後――再会したダニエルは全米ジュニアチャンピオンになっていた。
「仲直りしよう」と余裕の笑みで手を差し出すダニエルに、
要はいきなり公衆の面前でキス!?その瞬間から、男のプライドと
貞操をかけたふたりの動機不純な戦いがはじまった…!!

*   *   *   *   *   *

アタクシ、僭越ながら表彰させて頂きます。
京山あつき殿、あなたは『BLコミック界でナチュラルな
変態を描かせたらNo.1で賞』
を授与されました!
もうトロフィーのかわりにあなたの単行本、
絶対にこれから新刊で買うと誓います。

もちろん冗談まじりですが(最後の二行は真実)、
変態的な顔と仕草を描かせたらBL界で天下一品と言えると思います。
しかもそれが読むひとにとって決して厭ではなく、
ニヤニヤがとめられない可笑しみを与える所が凄い!

なんだろう、素人いじりのうまい芸人と言いましょうか。
内輪だけのギャグに走らず、素人から面白みを引き出し、
けっこうえげつない事をしている時もあるのですけれど、
このひとがやるなら嫌味に思わず笑えてしまう感覚です。

絵柄は特別美形を描いているわけではないのですが、
表情が豊かで要の乳首を見つめる目などは
欲望と理性の葛藤がよく表現されていて素晴らしいのです。


CPについてもコメントしますと、あとがきで京山さんが、
要はスポーツ天然キャラのつもり、と書かれています。
が、これがどうみても変態と紙一重。
最後までHしないと決めている理由がこれまたアホウ。
まあ…、若いってなんとも言いがたいですね。

流されてしまうダニエルもダニエルです。
アホウな理由で我慢している要を押し倒してしまうシーンも
あったりして、典型的な受けに納まらないのが好感触でした。

まあ、好きに乳繰り合ってろばかちん!なバカップルでした。


あと、この作品を読んで嬉しかった発見をひとつ。
エロスも凄く巧いじゃん!(聞こえない声もエロかったけど)
流れるような美麗なロマンチックなHシーンではないものの、
いやらしさは抜群。乳首を服の上から吸うシーンなどもう!
ダニエルのこの言葉もよかったです。

「どこがステキだ なんだこのカッコ
 あーカッコワリイィ… でも…気持ちよかった」

セックスって傍から見ると確かにそういうもんでしたね(笑)
セックスはカッコワリイ=BLを否定するような
言葉でさえ楽しめてしまう作品って凄いと思う…。

是が非にでもオススメ!でございます。
| [BL・コミック]京山あつき | 20:42 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:42 | - | - |