-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『KISS ME テニスボーイ』/京山あつき | main | 注文数からみる腐の傾向 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『黄昏に花』/樹生かなめ(槇えびし)
今日はJ-Gardenだったのですね。
私は体力も気力もカタログもなかったので行きませんでしたが、
雨の中行かれた方、お疲れ様でした。

さて…、高齢者のことをなぜシルバーなんて英語で
言ったりするのか、ちょっと不思議でした。

調べてみたら、silver hair=白髪になる、転じて高齢者、
その意味をJRが『シルバーシート』(現在の優先席)という
名称に使用したことから来ているようです。(ググった)
たしかに elderly などよりは分かりやすいですね。

さしずめこれからの高齢化社会に伴って、
BLでもはやるのはシルバーBLなのかもしれない…
なんてことを思わされた作品が今日の感想本です。




『黄昏に花』/樹生かなめ
大洋図書 (2004/07)
[Amazon]


☆あらすじ
千代田中央銀行のエリートコースからドロップアウトし、
子会社のビルカム・チヨダの業務課課長の岩井。特性、不能。
そんな岩井の恋人は、本社エリートコースまっしぐら、
全女性社員憧れの的・小田原だ。岩井の優しさに触れ、惚れこんだ
小田原は熱烈に求愛し、不能をなんとか治そうと奮闘する……

*   *   *   *   *   *   *

時代の先取りか、トンデモか…とても判断に迷うのですが、
今のところは「樹生風シルバーBL」(つまり一般的には
トンデモに近い)としておきたいと思います。

あくまで「トンデモ」とはっきり言わないのは、
説得力のあるところが多すぎるためです。
例えば不能になって枯れてゆくだけの岩井の静けさ、
離婚した妻と供に出て行った息子を想う心情、
会社人間として生きた同期の早すぎる死への哀悼…etc。
自分の事として捉えられない年代の問題ですが、
ひとつひとつが実にリアリティがあると思います。

(捉えられないのにリアリティがあると言っているのも
変な話ですが、それはガラスの仮面「ふたりの王女」の
『感覚の再現』を読んで頂ければ分かることかと)

樹生さんは題材の目の付け所も凄いのですけれども、
このリアリティを徹底的に求める姿勢が凄いなあ…。

年下の旦那というのは昔より増えていますが、
今よりもさらにこの先増えていくかもしれない。
そんなとき理想なCPはこの作品だな、と思いました。
こんな(↓)プロポーズ、よくないですか?

「二十歳も年下の僕はお買い得ですよ。老後の心配は
 いりません。僕が責任を以ってお世話します」


ただ、「トンデモ」という言葉を消せないのも、
同じく樹生さんの徹底的なぶっとんだ部分のせい。
まず『やれる時にやっておけ』の老人達よりも印象では
よっぽど老けている岩井の扱いが徹底的に酷いです。
リストラで閑職・離婚・不能と3拍子揃った哀愁漂いすぎるオヤジ。
さらにぎっくり腰やらなにやら…、シルバーの演出だとしても
泣きっ面に蜂に蚊にアブにマムシでライフポイント0って感じです。

そんな岩井本人は枯れたままでいいと思っているのに、
周りには思ったらとことん突っ走る攻めの小田原に、
日本語が通じない(外国人という意味ではない)部下…。
なんかこの無神経な人間達が許せるかどうかによって
評価が決まるような気がしなくもありません。
小田原は先ほどの台詞のほかに、こんな台詞もあります。

「岩井さん、中年オヤジですよね。老い先短い。
 ですから、その残された短い将来を僕にください。」

これを無神経ととるか、熱烈なプロポーズととるか…。
私は小田原はなんとか可愛いと思えるけれど、
部下は全員はっ倒したくなりました♪(可愛く言っても無駄)

なので、後半の描写に耐えられる方にのみオススメします。

P.S.
続編が見つからない…いつか買います。
| [BL・小説]樹生かなめ | 20:08 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:08 | - | - |