-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『銀の鎮魂歌』/吉原恵理子(小島文美) | main | ネットは釣書き、本屋はお見合い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『情熱の温度』/木原音瀬(山田ユギ)
木原音瀬さんの小説を2冊消化したぜ…。
めずらしく「ぜ!」とか使っちゃうほどに頑張りました。

ごめんなさい、頑張ったけど半分嘘です。
単行本と小説でかぶって買っていたので、実際は1冊分しか
読んでいないんです、ごめんなさいごめんなさい(ミハシ風に)。

それにしても文庫化したのに文庫も絶版てアホでしょう。
適正な価格で取引されるようにして欲しい。
気づかずに重複して買っちゃう人もいるんだからね。(イッツミー)
ぜひもう一度重版をかけてくださいオークラさん!
あ、LOOPと恋愛時間も一緒にね!

それでは以下、感想です。




オークラ出版 (1999/08)
『情熱の温度』/木原音瀬
[Amazon]



☆あらすじ
吉川の家に、父の入院をきっかけに、同じ高校の
教師である泉野が彼の世話をしに来るようになった。
自殺をしようとした泉野を助けた父親が、目を離したくなくて
頼んだのだ。数日前に泉野と問題を起こしていた吉川は、
暗い泉野に嫌気がさしながらも、自殺の要因が
自分にもあるかもしれないと、心配で傍を離れられない。
そのうち泉野の意外な一面も見えてきて、吉川は彼を好きになるが…

*   *   *   *   *   *

出だしが女の乳の話で「そんなんどうでもいい!(失礼)」と
突っ込まされてしまいましたが、やっぱりいつの間にか
引きずり込まれているのを読み終わった後に自覚しました。

木原さんの文章って、どちらかといえば、
抜けば玉散る氷の刃…きらりと輝く刃物のような
文章ではないのですが、雪のように気が付けば
積もっているような重みがあると思います。
しかも根雪で消えてくれない(心に残る)。

ダメダメなオヤジと、悪くは無いのに献身的に愛しすぎて
オヤジをさらに悪化させる青年…そんな話を、
こんな物語に昇華させられるのは凄い!


ダメダメオヤジこと泉野は女にバカにされ、だまされ、
自傷行動に走ること数回、吉川を傷つけ、
吉川の気持ちから逃げること数知れず。
もう虫唾が疾走してしまうほど哀れで情けないキャラ。

逃げたくなる気持ちも分からなくはないのですけれどね…。
今まで地味に雑草のようにノーマルに生きてきたのに、
若い吉川(18〜20の期間)の情熱は、火のように熱いもの。
触れるのも怖いし、炎に身をまかせていられないのは、
ちょっと年をとればわかってしまう哀しさ…。

そんな男を好きになり、情熱を燃やし続けた吉川を
尊敬すると言うか、その情熱に畏怖してしまいます。
ま、吉川にとっては初恋っちゃ初恋ですから、
それでなおさら長く続いたのかもしれませんが、
基本的には木原さんの典型的な執着質的な攻めです。
最後の方なんて軽く怖いこと言ってますもん…(性格はいいけど)。


吉川になつかれて、心地良いのに否定して逃げ続けて、
その途中で大切なものを失って、ようやくもっと
大切なものを失いたくないと泉野が気づくまで、
情熱の温度を高く長く持ち続けた吉川こそが、
タイトルどおり物語の核となっているのでしょうか…。
それとも泉野がその情熱の温度を心地よいと感じ、
自分の居場所をみつけられたことが核なのか……。

まあ、どちらにせよ(他の解釈でも)、その後、
ようやくふたりでの生活が気になるという、
良作には必ずつきものの深い余韻を残します。


単行本になってから今年で9年。
BLに限らず10年近く経って、色褪せない作品はそう多くない。
そんな中で時代に左右されない良質な作品でした。

もしブクオフででも見つけたらラッキーです、
手にとってみてはいかがでしょうか。
| [BL・小説]木原音瀬 | 23:10 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:10 | - | - |