-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『情熱の温度』/木原音瀬(山田ユギ) | main | 『作る少年、食う男』/椹野道流(金ひかる) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ネットは釣書き、本屋はお見合い
■吾利新と摩

今日は朝からクイズマジックアカデミーをやりに行きました。
全国でトーナメント対戦ができるクイズゲームで、
最近、再燃してチョコチョコやっているのですが…、
いかんせん難しくてなかなか上がれないです。
BL系のジャンルがあればいいのになーと思っていたら、
今日始めて並び替えの問題で『吾利新と摩』が出ました。

さっと並び替え終わって回答したのですが、
なかなか他の回答者の答えが上がってこない…。あれ?
10秒ほどしてようやく回答が出揃ったのですが、
正答率は約30%ほど。……やっぱり僻地なジャンルだなあと
こんなところでも感じさせられてしまいました。
(実は摩利と新吾は未読なので中身を知らないのですけれど)

■キーボード新調

PCを買い換えた時からずっと付属のキーボードを
使用していたのですが、押したときの触感が好みで無く、
音も耳障りだったので買い換えました。

ちょっと値が張っても仕方ないかと諦めていたのですが、
自分好みのが3000円くらいで見つかってラッキー。
こういうときは非常に気持ちがいいですね。
欲しい本を探しに行ったのに在庫が無くって、
悔しいから他の本を手当たり次第に買ったら
凄くアタリだった時の嬉しさに良く似ています。

やっぱり押し心地がいいと作業がはかどります。
けれどキーの大きさが少しだけ小さくなったので
ミスタッチが増えました。誤字があったら教えてくださいね。

写真はbassoさんのポストカードを添えて。




■Amazonもいいけれど

中古BLを正確な値段で買い取りをしている古書店に本を売りに行きました。
ブックオフよりもちゃんと同好の士に買われる気がするので…。
結構多めに持っていったので、2000円ほどになりました。
棚はさほど変わっていなかったので、買い控えて4冊ほど買いました。
え…?矛盾してますって…?何のことか良く分かりません。
樹生かなめさんの『だまし討ちだぜ、DR』が見つかって嬉しい。

その後は新刊書店に。お金に余裕があるわけでもないのに、
書店をぶらつくといつの間にか手がふさがっているのは
どういうことなのでしょうか。(どうもこうもない)

ここでは、蒼井優の写真集(蒼井優は若い女優では一番好き)、
『作家の読書道』/web本の雑誌編、『ラ・サタニカ』/天禅桃子、
『あのひととここだけのおしゃべり』/よしながふみ対談集を購入。

この4冊は、ネットで見かけて気になっていた本でした。
私にとってネットで新刊の本をチェックすること=脳内で
「書店でチェックする」インデックスを貼ることです。

古本or絶版or作家買い以外に限っては、
やっぱり実物を見てから買いたいですもの。
情報収集のためだけに読書をするタイプではなく、
読書好きで紙媒体が好きなタイプのひとにはわかると
思いますが……、本の手触り、表紙の装丁の色合い、
中の字体などを見るのもネットでは(ほぼ)できず、
内容にかかわらず直に触れないと分からない部分、
それが購入の大きなポイントとなっているからです。
さながらネットのチェックはお見合い前の情報みたいですね。

著者名、出版社 →『××にお勤めでこんな職に就いてるんですって』
装丁の画像 → 『まあともかく写真みてよ、いい男でしょ?』
値段 →『年収は税込み○○○万……』
他人のレビュー → 『いいひとなのよー、会ってみなさいって』

予想以上にぴったりで自分で少し笑えました。
ただし本の場合は本屋で見て『あっ…あのひと素敵…!』と
思って、家に帰って調べるケースもありますよね…。
人間は『買う』わけじゃないからそうも行かないですが。

この4冊はこの週末から来週にかけてゆっくり読む予定です。
良い読書&週末を!

P.S.
離婚はさしずめブクオフ行きか。
お見合いも離婚も一生縁がないから分からないな(苦笑)
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 20:56 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:56 | - | - |