-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ネットは釣書き、本屋はお見合い | main | インテリアにBLはいかが? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『作る少年、食う男』/椹野道流(金ひかる)
この本の感想、書いたと思っていたのに書いてませんでした。
おっかしいなあ。あっるれえぇ?(おおふり花井風に)

おっかしいといえば、この本も少し可笑しいです。
表紙とタイトルと中身の印象がちぐはぐというか。
タイトルは「ちょいエロ(食う男が)」を感じさせなくもないのに、
表紙は上品そうで少し儚げな印象のする少年と、
その少年の肩をそっと抱いている穏やかな青年。
あっるれえぇ?何か違う…。

そして中身はもっと「あっるれえぇ?」でした。
自分の好きな方向に「あっるれえぇ?」でしたけど。
以下、感想です。




『作る少年、食う男』/椹野道流
二見書房 (2005/7)
[Amazon]


☆あらすじ
港町マーキスで検死官を務めるウィルフレッド。
耳慣れぬ職業、銀髪に暗青色の瞳、高い身分ながら社交界に出ず
独身を貫く彼は、いつしか人々の間で「北の死神」と呼ばれていた。
そんなウィルフレッドが出会ったのが、孤児院出身で男娼のハルだった。
料理の勉強がしたいと屋敷に出入りするようになったハルは、
ウィルフレッドに生きた人間の肌の温もりを感じさせた。
それは北の国からこの街に流れ着いて初めて知る感情―、
“愛しさ”を彼にもたらすようになるが些細な行き違いから
ハルが荒くれ者たちに囚われ、嬲られるという事件が起こり…。

*   *   *   *   *   *

シャレードのあらすじは平均的に質が高いなあ。脱線でした。

ええとあまり要素が無いと言ったら失礼なんですが、
もうあらすじのとおりでして、若干グロ(犯罪が絡むから)や
女装などもありますが、基本的には地味なお話です。
…女装が地味な話って、BLに慣れた判断基準は恐ろしいですね。

ただ、嬉しい誤算は「ハル」が表紙の印象のとおりの
上品なご子息ではなく、生粋のビンボー人だったことです。
別にビンボーが良いのではなく、ファンタジーの世界とはいえ、
ゴージャス過ぎても地に足のつかない話に思えてしまうので…。
ゴージャスならアラブやボンボンを読めばいいわけですし。

さてそのハルが暗い過去を背負いながらも、庶民らしく
素直な明るさでこの話を照らしてくれています。
喋り方も率直で、とても愛らしい少年です。
うちにもひとりください。

ハル以外はウェットなイギリス人(あくまでイメージ)ぽい。
攻めのウィルフレッドがその筆頭で、華がなくて
地味で検死官という、攻めにあるまじき暗い彼が、
ハルの明るさ・人間味に触れて孤独を癒されてゆくのです。

いや、癒されるのは逆の方向にも成り立っており、
今まで信頼できるひとがいなかったハルにとっても、
ウィルフレッドは孤独から救い出してくれたひととなります。
お互いがお互いに良い方向へ作用する関係っていいですよね。

凄惨なこともありますが、ほっと安堵のため息をつける作品でした。
作品にあわせて紅茶でも飲みつつ読み返したくなります。


『メス花』シリーズでも『ブライトン・ロック』シリーズでも
そうなのですが、椹野さんの描く世界は安心できます。

BLに求めるものは人それぞれだと思いますけれども、
ファンタジーの中にもリアリティがなければ
面白くないのは、全てに共通の要素だと思うのです。
それは感情であったり、人とのふれあいであったり、
とりまく環境であったり…、そんなところが
椹野さんの作品は堅実で、だから安心できるのだと思います。


この作品には『執事の受難と旦那様の秘密』(上・下巻)という
続編があり、ハルたちメインCPに加え、サブでCPに、
ウィルフレッド家の執事とそのお相手の話が盛り込まれています。
こちらのサブCPの方も結構楽しめました。安定感がいいですね。

地味なお話が嫌いでなければどうぞお試しあれ。
| [BL・小説]椹野道流 | 21:04 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:04 | - | - |