-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< ダ・ヴィンチ 2007年11月号 | main | 遺伝するもの変わるもの >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『キスは大事にさりげなく』/崎谷はるひ(高永ひなこ)
はるひんの作品の感想はなんと約半年ぶり…。
一年なんてこのペースだとあっという間だなあ。

ところで。タイトルの『キスは〜』って甘い感じに
軽く言っているけど、難しくありませんか。
『繊細かつ大胆に』という指導などを目にしますが、
それとおなじくらい矛盾しているような気がします。

このシリーズの二作目『夢はきれいにしどけなく』も、
ちょっと意味が不明ですよね。
しどけない=身なりなどがだらしない、などを指すようですが、
だらしなく=みだらな意味でとれば、夢はキレイにだらしなく…?
ううむ、はるひんの作品そのもののような。

まあ、タイトルの話はこの辺にして、感想です。




『キスは大事にさりげなく』/崎谷はるひ
角川書店 (2005/6)
[Amazon]



☆あらすじ
日本画の大家である祖父と、鄙びた田舎で静かに暮らしていた
一之宮藍(いちのみや・あい)は、突然の祖父の死で莫大な
相続税が降りかかってきた。何もかもを失いかけた藍の前に、
旧財閥系グループの跡取りである志沢知靖(しざわ・ともやす)が現れ、
祖父同士が旧知の仲だったと告げ、協力したいと言う。
そして祖父の作品とともに彼に引き取られることになった。
身にあまる自分への待遇に、却って不安に苛まれた藍は……

*   *   *   *   *   *

『キス〜』『夢〜』『恋は上手にあどけなく』3冊をもって
白鷺シリーズと呼ばれるこのシリーズですが、
はるひんの作品の中でかなり好きな作品になりました。

環境ゆえに幼稚な受けと、恋愛経験値の低い攻めの
組み合わせプラスはるひん特有の甘々なエロシーン、
つまりはるひんに萌えた……のではなくってですね、
他のはるひんでは見られない面が楽しかったのです。

それは、ご自分でもあとがきで書かれてらっしゃるのですが、
古民家や日本画などの日本の芸術関連が出てくるところで、
だからといってミーハーに文字だけの舞台ではなく、
土台のしっかりした良い舞台になっています。
ほんとにお好きなんだな、と思わせる魅力があるけれども
うんちくまでは行かない程度…このバランスを崩さない自重が嬉しい。
そこと恋愛を上手く絡める構成力に敬礼です。
この類の話、もっと書いてもらえると嬉しいなあ。

それに、自分がアートセンス皆無なおかげでしょうか、
美術品至上主義の人間の妄執が登場する作品って
なんだかゾクゾクしてしまうんですよね……。
ガラかめもそうなんですけれど、自分では理解できない
妄執的なひとの心情を描いてくれると嬉しいのです。
「あたし、ある意味変態が好き……!」

藍と知靖には直接は関係しないのですけれど、
彼らの周りで避けて通れない問題と絡み合って、
ちょっとしたドロドロ風味で美味しく頂けました。
印象としてはちょっとプラスチックの卵と似た印象を覚えました。
作品の内容もテーマも全然違いますが、
あれにも執着するオッサンが登場しますからね…。


藍と知靖に関しては、もう、喧嘩してても
イヌも食わない状態にしか見えないんですが……。
信頼の強さがそうさせているのでしょうかね。
なんかちょっとむずかゆいからこの辺で(ひどい)。


さて…このシリーズのスピンオフ『平行線上のモラトリアム』から
先に入ったので(感想書いてないけど)、こちらでの佐倉や弥刀を見られ、
スピンオフでの一部のセリフの意味がわかって良かったです。
順番を逆に読むというのもたまにはいいものですね。
……こっちだと意外に弥刀がまともすぎて、
びっくりしました、と言ったら失礼でしょうか。
だってめちゃくちゃダメ人間だったんだもの……。


あまり見ることのできない類のはるひんの作品、
お好きそうでしたら芸術の秋にいかがでしょう。
| [BL・小説]崎谷はるひ | 22:55 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:55 | - | - |