-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 遺伝するもの変わるもの | main | 『アンダルスの獅子』/松岡なつき(亜樹良のりかず) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『キリング・ビータ』シリーズ/五百香ノエル(麻々原絵里依)
Amazonに画像が無いのでしょぼい携帯の画像ですが、
まあ、見てみてください…。



麻々原さんの絵がわかーい!
バランスは変わりませんが、パーツが違います。
10年前の作品なのですからしょうがないですよね。
けど、昔の絵、恥ずかしくなったりしないのだろうか。
私なんて1年ちょっと前の文章でもかなり恥ずかしい…。
世間に何かを出すと言うことは、それに耐えなきゃいけないのかも。

本文には関係の無いことでしたね。失礼しました。
それでは以下、古くても楽しめたSF系BLの感想です。



キリング・ビータ [Amazon]
徳間書店 (1997/08)

☆あらすじ
ウィルス殺人通称OAVによって同僚を殺されたシンユー・ナカノ(シン)巡査。
彼の心に刻まれた傷は深かったが、同僚が殺される時に
憑依するウィルスを見ることができる能力が発現したため、
一年後、ウィルスを見る専門家であるスキャニング・ワーカーとして、
月面都市へと派遣される。新しくペアを組むのは、
金髪碧眼の美貌を持つイーサン・ジャッド。
過去の恐怖にとらわれ、頑なに固まったシンの心を、
イーサンは癒すことができるのだろうか…。

*   *   *   *   *   *

あらすじだけではシンが何を職としているのかがよく分からないと
思いますが…、『ウィルスによって犯罪を行う者』と認定するのが
シンの能力・仕事ですが、相手の意識を読む能力とも言えるので、
とにかく孤独で精神を病みやすい職業です。

これは、ちょっとカウンセラーに似ているかもしれません。
現実世界では重度の精神障害によって犯罪を犯す者を
鑑定する鑑定医が、同じ立場に当たると思ってください。
自身が病んでしまう率も同じぐらい高いでしょうね!

また、対症療法、鬱を消し去るのがイーサンの能力・仕事です。
と言ってもこれは荒っぽい方法で、本体にも影響を及ぼすため、
スパルタ主義の強制更正者ってとこでしょうか。
荒っぽい能力のとおり、アタックド・ワーカーといいます。

そして彼らに加え、ウィルスを完全に取っ払う投薬を
作成するワクチン・メーカーがチームを組んで、
月面都市でウィルス殺人の捜査をする、というお話なのです。

ぶっとんでますね。だが、それがいい。(花の慶次だっけ)

五百香さんは今まで読んだ中では、現代ものよりも
こういったちょっと飛んでるファンタジーの方が
私の好みのようです。これといい、GENEといい。

私がファンタジーを好きというのもありますが、
ちょっと現世だと浮世離れしすぎる変態さんたちが
生き生きしているからだと思うのです。
偏見なのかもしれないけれど、五百香作品には
頭のいかれた変態がたいてい、出てきているような。
その彼らが「単なる異常なやつら」で終わってしまう現世より、
「異常なやつら」の背景がしっかりとしているのが好きです。

そしてその異常なやつらに対峙するカップル達の展開を
スリリングにし、面白くするスパイスになっているのでは…なんて。
『白皙』みたいにカップルの片割れが変態なら、
この考え方はちょっと成り立たないのですけれど。


また、人物については、受けのシンユーがはじめはしょうもない
プライドを抱えているだけの脆弱なキャラクタだったのが、
イーサンによってそのプライドの寄る辺を壊されることで、
成長し、逆にイーサンを支えられるようになるのがいいですね。
4冊まるまるでシンとイーサンの成長物語と言ってもいいかも。
エロシーンの回数は少ないけれど少し濃い感じで丁度良かったです。


ひとが殺されまくるのでちょっとグロだったり、
私の苦手なロリコンが登場したりするのが難ですが、
それでも読む価値はあるかと思います。

それほど分厚い本ではないので、4冊一気に愉しんで読めました。
SF的設定がお好きでしたらどうぞ。
| [BL・小説]五百香ノエル | 20:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:59 | - | - |