-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< インテリアにBLはいかが? | main | 『キスは大事にさりげなく』/崎谷はるひ(高永ひなこ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ダ・ヴィンチ 2007年11月号
ダ・ヴィンチを買うのは約一年ぶり…、ていうか、
ほとんどBL特集があったときしか買ってないような。
べ、べつにBLの記事が読みたくて買ってるんじゃないんだからねっ!

嘘をついた舌の根も乾かぬうちに、早速読みました。
さすが表紙の題に持ってくるだけあって、20Pもの特集。
しかも特集では1番最初、と言うご待遇です。
ああ、やっちゃった…という、嬉しいような哀しいような。

特集別に好き勝手に感想をば書いてゆきます。
雑誌のあとに読みたい方を考慮して一応折りたたみで。




ダ・ヴィンチ 2007年 11月号
[Amazon]



□特集 1 BLのいまを知る9つのキーワード

…角川の宣伝の間違いじゃないですかね?
それでも比較的バランスよく、実写化、ドイツでのBL状況、
東京漫画社、情報誌『CLa CLa』などが取り上げられています。
BLのためのガイドブックとして『シュミじゃないんだ』を
紹介しているのはナイセン!(野球で言うナイス選球眼)

□特集2 大槻ケンヂ×土屋礼央 BLボーイズ対談

しごく男性的な一般論かと。
つまり、『…それ、(私にとっては)違います』でした。
いくつか私の意見を述べてみると、

>土屋 ここまでくると、もう妄想じゃなくなっちゃってますもんね。
個々の妄想力は、同人誌の方で強く発揮されているし、
妄想力が擦り切れる時は人生の終わりなのでご心配なく。

>土屋 別物だって割り切ることができれば、いいと思うんですけどね。
そんなの当然です。現実とは乖離しているもの。
現実の恋愛に妄想(理想)を持ち込んでるひとの方が
よっぽどいろいろと大変だと思うのですが。

>大槻 昔エロ本の世界からいろいろな作家たちが出てきたように、
>   ボーイズラブから、というのもあるかもしれない。
えと、よしながふみさんとか…秋月こおさんとか…
そりゃ読んだことなければご存知ないですよね……残念。
ボーイズラブから、ではなくて両方にまたがっていても
いいと思うんですけれどね…春画も風景画もOKみたいに。

>大槻 現実の男がだめになってるから、っていうのはあるかもしれないですよね。
関係ないと思う…BLに出てくる理想の男なんて
現実には居ないなんて分かりきっていることだし…。
(ヤクザものなんて居てもちょっとかなり困る)
現実の男がいい男になったらよりいい男同士で
勝手に妄想すると思いますけれどね。

□特集3 久世番子のBLナビマンガ+私がBLを好きな理由/山本文子、
 特集4 BL用語 キホンのキ


まあ、ここは初心者のためのページってことで割愛しますが…
久世さんの漫画内、『少年達(ボーイズ)がラブラブしているのも
元ボーイズ(おっさん達)がなかなかラブしないのもBL』。
このセリフを面白そう、と思える人は素質があると思います。

□特集5 BL作家マッピング
目次で楽しみにしていましたが、2次元の限界を感じました。
指標(エロ⇔ラブ、スイート&リリカル⇔ビター&ハード)には
文句はないのですが、BLをたった二つの指標で分けることに
無理があると思うんですがいかがなものか。
たとえば、菅野彰と火崎勇、ひちわゆかと中村春菊、
山田ユギと愁堂れな(敬称略)。
この組み合わせが近くにいる時点でちょっと無理が…。
せめて「萌え優先⇔物語優先」「日常系⇔トンデモ系」は
取り入れないと説明できないような気がします。
レーベルでも大きく変わるわけですしね。
これは自分でつくってみたら楽しいかもしれません。

□特集6 注目作家紹介
小説も漫画家も順当でした。私の好みではない人も
居ますが、それはひとによりけりってことで。

□二大人気BLマンガ家による「こんなBLがたまらない!」
わーい、草間さんの描き下ろしだー。それだけ。

□BL脳で読む"匂い系"名作文学ガイド
これが一番面白かったかもしれません。
おなじみの『バッテリー』、『こころ』、『李歐』などなどを
紹介しつつ、凄いのはあさのあつこさんのコメントがあること。
ああ…やっぱりこの方、腐リンガル(バイリンガルの腐版)な
考え方をしてしまえる人だったのね、と納得しました。

あといくつか特集がありましたが、それほど感想も
なかったのでどばっと省略させて頂きます。


全体を振り返ってみると、浅く広くではありますが
誤解されない程度にはまともだったと思います。
正直あんまり表に出るのは嬉しくない気もしますが…、
時代の流れなんでしょうか、仕方が無いですよね。
大体ここにこうやって書くことだってBLの公開性を
高めてしまう可能性だって0.0001%ぐらいあるわけですし。


ただ、そこまで雑誌に期待するのも変な話ですが、
やっぱりBL人気の根幹である、なぜBLが好きなのか、
一部に支持されるのか、と言う視点がもっと強く欲しかった…。

表面より本質に触れて欲しいと思う、
でも触れないで欲しいとも思う今日この頃。
| [その他]BL関連書籍・雑誌 | 23:04 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:04 | - | - |