-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< BL作家を色で例えてみる | main | 『天気予報ノ恋人』/街子マドカ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『あのひととここだけのおしゃべり』/よしながふみ対談集
女性マンガ家の対談集はどれくらいあるのでしょうか。
少なくとも私は今までこれしか読んだことがありません。
というか、マンガ家がまとめた対談集ってあんまり
聞いた覚えがなく、買うのにすこし不安を感じました。

手にとってみると1200円の表示がちょいと重いものですから
しばし躊躇ったのですが、「よしながふみ」「三浦しをん」、
「萩尾望都」のネームに賭けて買ってみました。

……賭けに勝ったようです。うん、面白かった。
BLの話もたくさんありましたしね。
(逆に苦手な方はやめてもいいと思います。
 そんなかたはここには居ないと思いますけれど。)

以下、こまごまとした感想です。




よしながふみ対談集
あのひととここだけのおしゃべり
太田出版 (2007/10)
[Amazon]




☆内容紹介
マンガ界の名手・よしながふみ、待望の初対談集!
対談相手は、やまだないと、福田里香、三浦しをん、
こだか和麻、羽海野チカ、志村貴子、萩尾望都の豪華7名!!!
よしながふみが、リスペクトする作家たちと繰り広げる、
ファン垂涎のマンガ・トーク・マラソン。

*   *   *   *   *   *

タイトルどおり、女性の漫画井戸端会議でした。
あ、そうだよね、その作者はそこが面白いよね、という共感と、
クリエイターってこういう考えをするのか、という見方の違いと、
進行役のよしながさんのスタンス、考え方、鋭さに惹きつけられます。

どこが具体的に良かったかっていうのは挙げればきりが
ないのですが、たとえばこんなところ。

・共感

 >くらもち(ふさこ)さんて、いまだにそうだけど絶対に
 >芸術家っぽくならないじゃない。こんなにマンガが上手なのに、
 >芸術家肌の、天才肌の方によっていかない。それがすごいと思う。

  同感!くらもちふさこさんは徹底して少女マンガ家だと思います。
  『いつもポケットにショパン』『Kiss+πr2』とか、好きでした。

 >(BLのレ○プ描写は)一般のレイ○願望ではないんだよ。
 >○イプというシチュエーションじゃなくて、その人にどれだけ
 >求めてもらえるか、っていう話なんですよ。

  激しく同感。
  だからってそれだけに終わってしまっているレ○プシーンが
  氾濫している作家は嫌いですが。誰とは言わないけど。

・クリエイターの考え方

 >たいていの作家さんは、この世にいろいろな価値観があることも
 >わかっているわけで、押し付けがましくないよう気を配って描いているはず。
 >なのに、人の逆鱗に触れてしまったと言うその事実を
 >目の当たりにするのは、つらいですよ。

 >描いているときは読んでくれた人が10人いたら10人全てに
 >伝わるように努力はするけれど、結果的に3人くらいにしか
 >伝わらなかったとしても、それはそれで仕方のないことだと思っています。

  そういうものなのか…商業マンガ家って大変ですね。
  でもふたつ目はちょっとだけわかるかも。
  
・鋭さ

 >女の子みんながウーマンリブな活動をする訳じゃないように、
 >ゲイリブの活動をしないゲイももちろんいるわけですよね。

  はい、私です(挙手)。
  みんながみんな、ゲイの権利を標榜してるのではない、
  それは私にとっては普通なんですが、そういうことを
  考えた上でBLを描いている人って少なそう…。

これはほんのごく一部引用であって、うなずいたり、
膝を打ったり、それを読んで自分の考えを確かめてみたりと
忙しい読書でした。他にもJUNE世代にとっては
きっと懐かしい話題や、女性にしかわからない
少女マンガの捉え方など、私にはわからない部分もありましたが、
それらを含めて、大変興味深かったです。

一番面白かった三浦しをんさんが対談している章では、
いかにもBL好きなひとたちの会話もしばしば。
タイトルだけでも雰囲気が窺い知れます。

『草の根BL啓蒙活動』
『女の子の抑圧ポイント・萌えポイント』
『"BLTV構想"』
『同人誌は「学説」発表の場所』

うわあ、3番目とかあったら会員になるわ……(笑)
このふたりの対談は面白すぎます。いつか、しをんさん原作、
よしなが作画のマンガを作ってくれたらぜひ読みたいものです。

惜しむらくは、もうちょっと年下のマンガ家さんがいたら、
世代の違いがもっと浮き彫りになったかもしれない点ですかね。

ともあれ、少女マンガ、ひいてはBL、ひいてはよしながさんが
お好きでしたら読んで損は無いと思います。

P.S.
30半ばにしてやおいにハマる」さんでも紹介されています。
異なった話題をピックアップされていたので、
さらに内容を詳しく知りたい方はどうぞ!

やっぱりテキスト量が多いと選ぶ箇所も変わるもんですね。
「特にBLを好きでない人がBLに絡めて何か評したいのであれば、
まずはBLを読むべきだと言いたいですね」…私もこれは激しく同意です。
| [その他]BL関連書籍・雑誌 | 20:00 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:00 | - | - |