-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『キリング・ビータ』シリーズ/五百香ノエル(麻々原絵里依) | main | 『吸血鬼と愉快な仲間たち 2』/木原音瀬(下村富美) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『アンダルスの獅子』/松岡なつき(亜樹良のりかず)
アラブといえば何だと思う?と問われたとき、
「国名」「石油」と答えるあなたは常識人。
「張り型!」と答えるあなたはAF好き。
「流行ってたよね、お金持ち中東版」と答える私はBL好き。
いやあ、たった一つの質問で人間が分かるものです。
周囲に質問しまくってくださいね。もちろん冗談です。

私はアラブというと、他にはあの白い服、
「ディスターシャ」を思い浮かべるのですが、
今回の攻めは黒い服しか着ないという変わり者です。
でもお話は凄く真っ当で面白かった…!以下感想です。




『アンダルスの獅子』/松岡なつき
心交社 (2007/10)
[Amazon]





☆あらすじ
15世紀のスペイン、アラブ系民族国家の武人サイードは、
宮廷に入り込んだ間諜を探らせるために、奴隷として
売られそうになっていた敵国人ラファエルを買い上げる。
奴隷の身ながら、あくまで主人に屈伏しない、
意志の強い瞳を持つラファエルに興味を抱くサイードは……

*   *   *   *   *   *

アラブって言えば地理的によく分からないけれどとりあえず
中東にしておけばいいか、という概念を覆すこの設定!
そうだ世界史で習ったじゃん自分、レコンキスタ!
レコンキスタとは、キリスト系からみた国土回復運動のことで、
対するイスラム勢力=アラブは侵略される側としてしか
見たことがなかったから気づかなかった…目からうろこです。

どうしても歴史を見るとき、この物語の時代、15世紀末は、
ルネサンス期の華やかなヨーロッパに目を奪われがちですが、
学問や生活分野の領域ではイスラムの方が発展していたんですよね。
錬金術だって元はと言えばイスラム科学ですし…。

「アラブといえば中東的などこか、ヨーロッパよりも遅れている」
という無知、なんとなくの思いこみを逆手にとって、
スペインでもイスラム文化が存在していたこの時代、
華やかさと神秘さを併せ持っているこの国を
持ってくるとは、ほんとに一本とられました。


この時代と地理の設定のおかげで、異国人が連れてこられるのも
違和感をまったく感じることがありません。
やっぱりよくあるパターンで、現代で、日本人がなぜかアラブで
王様に愛される…という話は無理があり(それもいいんですが)、
何冊も同じ設定を読むのは飽きてしまうのですが、
この時代ならではの設定は、非常に美味しく感じられます。

それに加え、時代考証が良くされていることといったら!
ざっとあとでこの時代について調べてみたのですが、
よくこの設定をBLに溶け込ませられるなあ、と…。

(参考に、wikiですが、アルハンブラ宮殿ナスル朝
アンダルスボアブディルのリンクです。よく雰囲気が出てる…。)

王朝によくありそうな陰謀、これから斜陽するのみの王朝、
堕落してゆく家臣…、そんなところも、凄くよかった。
もう、松岡さんの歴史ものには足を向けて寝られません。
歴史好きにはもうこれだけで満足でございまする。


と、これだけではさびしいので、CPについても少しだけ。
一言で言えばもんのすごいツンツンカップルです…。
攻めは傲慢と生い立ちゆえにツンツンしているし、
受けは高いプライドのためにツンツンしているし…。
すれ違いっぷりが傍から見ると笑えるほどでした。
ただ、最後はしっかりと肌の色も、文化も国も超えて
連れ添うようになると言うロマンチックな終わり方で、
甘めな良い印象を頂いて終わりとなりました。


FRESH&BLOODのように歴史ファンタジーBLが好きな人も、
アラブのような華やかなBLが好きな人も、
どちらにとっても面白く感じられると思います。
オススメしたい10月の新刊です。
| [BL・小説]松岡なつき | 21:39 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:39 | - | - |