-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『アンダルスの獅子』/松岡なつき(亜樹良のりかず) | main | BL作家を色で例えてみる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『吸血鬼と愉快な仲間たち 2』/木原音瀬(下村富美)
あたくし、どうかしてしまったのかしら?
30冊もの積読をしていた木原音瀬さんの著作を
ひと月の間に2冊も読んでしまうだなんて……!
このペースでいけば30冊は……って、1年以上かかるじゃん。
数字の正確さって残酷ですね。

まあ、この2冊目は、シリーズもので前作がそれほど
痛くなかったので今回もそんなに痛くなかろう、と
楽観していたので気軽に手を出せたわけなのですが、
予想通り、それほど痛くなく、1日で読みきれました。
以下感想です。




『吸血鬼と愉快な仲間たち 2』/木原音瀬
蒼竜社 (2007/10)
[Amazon]





☆あらすじ
日本に来て半年が過ぎ、アルもやっと周囲の人々や生活に慣れてきた。
春からは施設に新しいエンバーマー室井が加わり暁の職場も賑やかだ。
が、暁は明るく陽気で率直な室井と反りが合わない様子…。
そんなある日、アルにモデル&ドラマ出演の依頼が!
人間だった頃からスターに憧れていたアルは大喜び。
しかし暁は大激怒。簡単にはお許しが出そうになく……
(前作の感想はこちら)

*   *   *   *   *   *

シリーズの続編の感想を書くことはあまりしません。
というのはBLにおいて2巻目以降は安定している世界、言い換えれば
マンネリ展開が多くなってしまうため、出来事に添って
書くのが苦手な私には難しくなってしまうせいなのです。

でも、この作品は1巻でまだ『ラブ』に達していなかった、
というか攻め受けさえも提示されていないという展開をしていて、
恋愛的に安定していないため、1巻目と同様に
どきどきして読めたのが大きいんだと思います。
BLにおける「安定」って「恋の成就、攻め受けの安定」と
言えるのかもしれない…なんてことを思ったりして。


さてその(CPが)安定していない作品ながら、前作と同様に、
木原さんにしてはコメディなタッチで読みやすく、
すっと物語に入り込みやすく描かれています。
アルがモデルをやるやらないで揉めたり、とある事件が
起こったりと動きにも富んでいて飽きずに読めました。
通勤電車の時間をふっ飛ばしてくれたキングクリ○ゾンです…。(JOJOネタ)

こう入り込んでしまう魅力は何なのか、と考えると、
物語としての構成力・文章もさることながら、
アルの可愛さが一番の要因のような気がします。

いや、ほんとアルの可愛さは卑怯です!
吸血鬼にありがちな傲慢さや世慣れたところも無く、
ただひたすらに人と接したがっていて、コウモリの時は
精一杯鳴いて表現し、人間の時も、外国人で日本語が苦手だから
ひらがなだけで純粋な気持ちを表そうとしてるのが良い!

特にひらがな言葉は、笑わせたり切なくさせたり、
泣かせたりと一石何鳥かの素晴らしい要素です。

笑わせる例を挙げてみると、暁もモデルを反対されたアルの言葉。(P.16)

「あきらの あんぽんちん」

なんだこれ…!(笑) 電車の中で吹いてしまったじゃないですか。

切ないシーンの例はアルが暁の気持ちを問いただす言葉。(P.96)

アル:「すき にして すきっていって」
暁は「うっ」と低く唸ると「好きだ」と吐き捨てるように呟いた。
暁:「ほら、満足しただろ。もう泣くな」
アル:「すきの きもち みえない」
暁:「何だそれはっ」
アル:「こころからの すきがほしい てきとうはいらない」


ひらがなの拙い言葉がぐっと来てしまいました…。
まあ、このように可愛いアルにはまってしまい、
一挙一動を楽しんでいるうちに読み終わったのです。

…あっ、上の例を見るともの凄く進展しているように
見えますが、ほっとんど進展していません。誤解なきよう。
むしろ、ラストでは悪化してしまうくらいです。
しかし暁の人間関係に対する異常な冷たさ、
そして暁への気持ちを自覚し始めたアルの心情を
この1冊かけて描いており、その丁寧さがとても嬉しい。
(その分、お邪魔虫の扱いが酷い結果になってしまいますが)

いい加減先に進んで欲しいけれど、アルたちにとっても
私にとっても必要な試練期間と思うことにして…、
早く続きを、想いが通じる瞬間を見たいものです。

! ああっ、読み始める前とおんなじ気持ちじゃんよ!
こうして3巻を心待ちにするのでした…と、
全国100万人(嘘)のファンは思っていることでしょう。

待つことも楽しみよ、と思える方はどうぞ一読を。
そして同じ3巻待ち側に回りましょう…。

P.S.
今回もアルファンには痛いグロが出てきますのでご注意を。
| [BL・小説]木原音瀬 | 21:58 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:58 | - | - |