-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『天気予報ノ恋人』/街子マドカ | main | 2007年11月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『海に眠る』/葛城ちか(えすとえむ)
「名作と言われる作品に過度に期待してしまう、
合わなかったら哀しいので寝かせておく症候群」に
おちいってしまうことしばしばな私。
今月発売のKAREN文庫Mシリーズ(このMは何?)で
名作と聞こえている「テイク・ラブ」を積んでおきながら、
同時発売のこちらを先に読んでしまいました。

買うつもりは無かったんですけど、表紙がえすとえむさんだったんです.
「初挿絵買うしかないわファンだもの」。お粗末でした。

内容はJUNEでしたが、比較的新しい感じかな…。
以下、感想です。




『海に眠る』/葛城ちか
日本文芸社 (2007/10)
[Amazon]



☆表題作あらすじ
公衆トイレの片隅に、へその緒をつけたままで捨てられていた隆(りゅう)は、
虐待に耐えかねて孤児院の牧師と調理員を殺害し、逃亡する。
親の愛さえ知らず孤独な16年の隆の人生は暗闇も同然であった。
しかし逃亡中に出逢った一人の青年が、隆の運命に光を与えてくれた……。

*   *   *   *   *   *

表題作はもう…いかにもJUNE的。
虐待、孤独、10代、血の関係でのセックス(義理だけど)、
そして…タイトルどおり、海に眠っちゃう結末です。

やっぱり私は耽美至上主義で無いな、と思ってしまうのが、
この刹那的な終わり方なんです。通じ合ったと思ったら
別離の死が訪れ、追従するようにしてさようならというのが。

安易に死に導いているとは言いませんけれども、
ミステリと同じく「登場人物が死んでもしょうがない」が
あんまり好きじゃないんだなあ、と。

『銀の鎮魂歌』はOKだったのに不思議なものです。
死んでしまった理由がまだ納得できたからでしょうか、
それとも死んだのが片方だったからでしょうか…
うーん‥。たぶん、死への必然性が弱いとだめなのか、と
自己分析してみましたがはっきりとは答えが出ません。


そんな感じで、表題作は好きにはなれなかったのですが、
小編の二作目・三作目が面白かったから続けて書きます。

二作目は『思い出させてあげよう』というタイトル。
双子の弟をいつも見ているという兄視点のお話です。

といっても怨讐じみたストーキングをしているわけではなく、
地縛霊のようにこの世に存在しながら眺めているのです。

歪んだ想いがわずかにあるものの、この兄が弟思いで、
死人の割りに(死人だからこそ?)暗くもありません。
同じ死んだ人間の視点で言えば『夏と花火と私の死体』という
乙一の作品は背筋がスウッとするのを覚えた作品でしたが、
こちらは兄の人情味あふるるおかげでホラーと言う印象は
まったく受けず、むしろ心温まるようなお話でした。

JUNEっぽくはありませんけれど、魂の救済と言えるのかも。
死んだとしても、大切な誰かが覚えていればいいかなって思えます。
お祖父ちゃんの墓参りでも行こうかしら。

こういう視点でのBLを読むのは初めてだったので、
すごく新鮮に、オリジナリティを感じました。
こういう何でもアリ系なお話、あまり強いワクの無い
BLだからこそ向いてると思うんですけれども……。


三作目は、あることが原因で家を出てしまった受けに
とまどってしまい、受けを探そうとする攻めのお話。

受けの家での原因が今話題のニュースを思い出してしまいます。
まあ、原因が何であれ隠し事は辛いものですが、
お互いに秘密を打ち明けあって、さらに辛い思いをしても、
一緒に生きてゆこうとする…家族になろうとする強さが、
読んでいて心地よく感じます。

この三作目で興味深いなと思ったのは、この描写。

「男同士でするのに、理由も無くコンドームを
つけてくれなんて言えないじゃないか」

少し前まで認識はこんな程度だったんだろうな、と。
こういう描写に時代差を感じてしまったり…。
今はそれを言わない人のほうがかえって危ないですもの。


お話としては二作目が一番好きでした。
新人て折り返しに書いてあるけれども、
たぶんこの意味は初単行本と言うことでしょう。
初出が平成8年とか12年て書いてあるものね。

少し現代よりなJUNE系をお読みになりたければどうぞ〜。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:11 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:11 | - | - |