-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『チョコレートのように』/ひちわゆか(金ひかる) | main | 『凍る月〜紅の契り〜』/夜行花(高橋悠) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ヅカとBL、ほか雑記
■ 先天的? ■

すくすくと育っている甥っ子を見ていると、
男の子って男の子なんだな、と思います。
なにを当たり前のことを仰るという感じですが…、
彼は戦隊ものが好き、とくにヒーローのレッドが好きで、
バトルマンガが好きで、可愛い女の子が好きで、乗り物が好きで、
まあいわゆる「男の子らしい」男の子です。

自分がどうだったかというと、戦隊ものはあまり興味が無かったし、
興味があるとすれば女キャラ(ピンク)の服装で、
少女マンガが好きで、かっこいい男の子が好きで、
車や乗り物にはいっさい興味がありませんでした。

趣味や嗜好に男も女もありませんが、おそらく統計的に見れば
車が趣味の人は女性より男性の方が多いでしょう。
そう考えると、私はやっぱり元々女性よりなのかも…。
BLに抵抗無いのはそのせいもあるのかもしれないですね。


■ BL読みのスキル ■

抵抗無いといえば以前、「なんでBLなんか読んでるの?
気持ち悪くないの?」とBLが嫌いなゲイの友人に言われたことが
あるのですが、私にはその意味がよく理解できませんでした。

というのも、私の「ゲイであることの罪悪感」みたいなものを
消してくれたのは「ニューヨーク・ニューヨーク(分類上は
BLとは呼べないけれど)」だったし、ゲイ雑誌よりも
BLの方が身近にあったというのもあり、入り口からして
まったく抵抗感などありませんでした。

たぶん、BLの中でのゲイ=本当のゲイではないと考えていて、
ゲイである自分と、BLのゲイをすみ分けているからだと思います。
BLのゲイとリアルゲイはまったく違う世界の生き物。
それは宝塚の男役と実際の男ぐらいに違うものです。
その乖離を侮辱と感じるか、愉しんでしまうかの違いなのかな…。

かけ算だけがBL読みのスキルじゃないですよね。
ファンタジーとして楽しむことができることも、
BL読みのスキルかな、と。


■ なぜ↑の例えに宝塚があるかというと ■

先日よりか、友人に誘はれて宝塚を見てみたい思ひやまず、
有楽町をさすらってきたのです。
一回ぐらい見てみたいじゃあないですか、話のネタ的にも。
男性だからって臆するのも勿体ない気がしまして。

ホールに入ってからと言うもの、豪華なエントランス、
風とともに去りぬに出てくるような階段、赤絨毯。
トイレに懸っている男性女性の記号もドレスを着た女性と、
ポーズをとったスーツの男性、などという豪華さ。

そして名物?とも思えるあの化粧ばっちりの男装に
目を奪われるばかりでしたが、次第に落ち着いて、
この世界が普通になり順応してゆきました。
最後になってみればちゃんと愉しめてしまった。
なるほど、人気があるわけだわ…。

なんでもBLとリンクさせて考えるのもどうかと思いますが、
このヅカの世界ってちょっとBLと共通点があるのかも。
どちらも女性のためのファンタジーであって、
その共通意識の上で、恋愛、華やかさが中心となって
娯楽として愉しむようにできているのですよね。
宝塚は体裁上は男女の役ですし、BLは男同士ですが、
どちらの「男性」もリアルの男性を求めているのではなく、
ファンタジーの中での男性を作り上げています。

となればやっぱり似ている気がします。ひょっとしたら
どっちも好き!と言う方が多かったりなんかして。

そういえば、もうひとつ入って驚いたのは、
女性客オンリーと思っていたら男性は一割いました。
つきそいの雰囲気満々ではありましたが……、
案外ちゃんとショーとして楽しみに来ているのかもしれませんね。
人口比もBLにちょっと似てるかな?(笑)


おっと、今日は長くなりましたのでこの辺で。

P.S.
ついでに銀座の和光チョコレートサロン、行ってきました。

ぱふぇ

甘かった…そして高かった…!!セレブにはなれそうにもない。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 21:08 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:08 | - | - |