-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 愚かさをネタにかえて | main | 『海鳴』/端湿宗高緒拾 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『テイク・ラブ』/野村史子(魔季子)
最近は少しだけJUNE(復刊もの)にも手を染め始めたので、
慣れてきましたので、JUNEの名作と言われた
『テイク・ラブ』にようやっと手を伸ばしました。

ふふん、単なる不幸話じゃアタクシは怯まなくってよ?
えーとふんふん………はい!?どうしてそうなるの?
で、えーと……ちょ、ええっ?

と、なんだか凄いんだけれど何が何だか、
よくわからなくなってしまいました。
おそろしい子…!

まとまりのある感想になるか、かなり不安ですが
とりあえず以下感想です。




『テイク・ラブ』/野村史子
日本文芸社 (2007/10)
[Amazon]


☆あらすじ
山崎は春樹を愛し、春樹は山崎を心の支えとして愛した。
しかし、山崎の妹も兄を愛し、兄の恋人・春樹を憎んだ。
そんな中、山崎の大学紛争が激しさを増すにつれて、
禁断の愛はもつれにもつれ、ある事件が起こる。
そして、その後春樹を置いて日本を離れた山崎が、
15年ぶりに日本へ戻ってきた…

*   *   *   *   *   *

確かにこの物語は、特濃ソースより濃ゆい物語です。
BLではありそうにもない時代設定、偏執的な愛情、
確固としたテーマ、悲劇に孤独…JUNE!です。

だからこそなのか、BL世代の私には残念ながら
理解するまでに至れませんでした。くそう。
いや、なんだか凄いことは分かるんですけれど、
その凄さが面白い!泣ける!と言うようにはつながらなくて…。
一般人がオーパーツを見つけたときの心持ちです。

その理由は、まず時代背景から言って、大学紛争というものが
あまり理解できていないのです。あの時代にあった、
一部の熱狂的なデモと三島由紀夫のイメージしかないのです。
佐々淳行さんの本が父の本棚にあったのでざっと読んだのですが、
やっぱり近しい人が紛争に参加していたわけでもないですし…、
そのふたりを引き裂くきっかけになる『障壁の重さ』が
知識としてはわかるけど、実際にどれほどのものかと言うのが
類推できずにわからなかった、というのが悔しい。

それから…、山崎に春樹が懐くようになることや、
春樹の妹とぶつかり合いをしているのになんで
そんな事件を引き起こすか、という心情も頭では
理解できますが心で理解できませんでした。
前者は、好きになるのに明確な理由なんてなくとも
まあいいとしても、後者の事件の方は理解を超えています。
理解できない=壊れ始めた、ということの裏返しなのかな…。

壊れてしまった春樹を置いていった山崎も自分勝手だし、
最後は赦されてもすっきりとは終わらないですし、
自分の中に澱のようにもやもやと積もっています。
書きたかったであろうメッセージの強さは感じるのですが、
そのメッセージを理解できないのは歯がゆいなあ…。

正直なところを言えば、これが復刊でなく新刊で、
名作と言われていなければトンデモ扱いしてるかもしれません。


どちらかというと、二話目の「薔薇はもうこない」の方が
理解しやすかったです。いわゆる借金の肩に体を…、という始まり。
進むにつれ、こちらも攻めの厄介で難儀な性格が際立ち、
衝撃的な作品になりますが、まだ心情が理解できます。

ただ最後で救わないのがJUNEなんだよなあ…。
ハッピーエンドにしてしまってはだめかしら、と
思うのはBL脳だからなのかしらん。
相容れない主義ですよね、この落とし所だけは…。
どっちも読んだことのない人にとっては同じなんでしょうが。

スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃…(JOJOネタ)、
読むことでBLとJUNEの隔絶の感を味わうのに良い作品かと。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:25 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:25 | - | - |