-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『テイク・ラブ』/野村史子(魔季子) | main | 最近読んだ一般マンガまとめて感想 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『海鳴』/端湿宗高緒拾
端湿宗高緒拾 さんの、『ランブル・ラッシュ』から
二年ぶりの新刊です。好きな作家の久しぶりの新刊は
どうしてこうも胸が高鳴るのかしらん。

アホウで可愛い攻めオヤジキャラとしていまだに覚えている
飯島課長が今回も出ているかな?と、ちょっと期待して
いたのですが、いませんでした…ちょっと残念。

ですが、おなじみの明夫×幸ちゃんの安定した話に加え、
とっても良かったオヤジものがありましたので、
以下、感想です。





『海鳴』/端湿宗高緒拾
マガジン・マガジン (2007/10)
[Amazon]


今回はギャグテイストが弱まってシリアスな感じでした。
収録作品4編、それぞれ簡単なあらすじとともに感想です。

☆『海鳴』
田舎の港町の高校生・尚吾は、都会から赴任してきた
美術教師・浅野に一目惚れしたが、浅野にはある過去が…。

やだなあ、この田舎の抑圧的空気…、「三村家の息子」でも
感じたけれど、多様な価値観を認められない場所って
息苦しくて生きていけそうにありません。

そんな中で抑圧されることが分かっていても、
死んだ男を追ってきた浅野は、すぐ向こう側に
行ってしまいそうな危うい精神状態なのですが、
そこを少年の一途な思いに引き止められるのです。
言葉にするとそれだけなのですが、描写が細かく、
タイトルのように水気を含んだしっとりとしたお話でした。
エロシーンなんて尚吾の妄想ですしね(笑)

ところでこれ、加筆修正されてラストが変わったそうですけど、
どう変わったかのか描いてくれないとわからないんですが…
もしかしてアンハッピーだったのかな。
なら知らなくてもいいのですけれど。


☆「十六夜の月」
和偉(かずい)は修の愛人として大人のつきあいをしているが、
大学の後輩・岸本に惹かれてから、関係が変化してゆく…

もろに「心変わりする瞬間」を描いています。
結局、心変わりする瞬間って、今まで積もっていた
塵のように小さな相手への不快や不満が、
ボーダーを越えた瞬間に起こってしまうのですよね、大抵…。
仲が悪くなると途端に他所の芝生がきれいに見えちゃう。

この話の主役は、和偉ではなく、実は未練たらたらで
嫉妬しまくりオヤジ・修なのではないでしょうか。
大人でなければならないってのも大変なのかもね・・・。

ところでマスターの最後のセリフって、頭がからっぽのほうが
夢詰め込めるってことでしょうか?(笑)


☆「合鍵」
大学准教授(助手?)の幸弘が、海外の学会出席を命じられた頃、
同居中のリーマン・明夫は出張を命じられ、互いにはじめて
長いあいだ会えないことに戸惑いを感じてしまう…

いつも居るひとがいないと酷く寂しいのはわかるけれど、
あーもーバカップルってこういうことを言うのですね。
なんだか飯島課長が関わったカップルっておしなべて
バカップルに成長しているような気がします。
そしてこの一冊の中で一番ラブラブなエロシーンですよ。
この安定感に尽きるので、感想はそんなところ。


☆「ラスト・キス」
「いっちゃん」「コウちゃん」と呼び合う幼なじみ同士は、
今も隣家の住人として家族ぐるみで付き合っている。
そしてこの夏はふた家族で旅行をすることに…。

35年間来の幼なじみのオヤジ同士のお話であります。
ご想像に難くないと思いますが、これが激ツボでした。

若い頃に一度だけ××した、というふたりにとって、
この家族旅行はこれからの付き合いを考えてゆく
ターニング・ポイントとなるのです…ふたりだけの愛に生きるのも
アリですけど、他の愛しいもの=家族を大切にするのは、
賢くて臆病ですが、それでも逃げずにその道を選択した二人は、
安易に結びつくより深い絆で結ばれている気がします。

たとえるならば、自分達を抑えた版のブロークバックマウンテン。
むしろこれ、ブロークバックマウンテンより大人の叙情と
言う点では勝っているような気もします。


というわけで、ピアスにしてはエロスは少なめでしたが、
堪能した一冊でした・・・オヤジ好きならぜひオススメです!
| [BL・コミック]神室 晶、高緒 拾 | 21:13 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:13 | - | - |