-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 最近読んだ一般マンガまとめて感想 | main | 腐男子アンケート2、の前振り 【100万企画】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ミスターロマンチストの恋』/砂原糖子(明森ひびか)
『ミスター・ロマンチストの夏休み』という
同人誌と一緒に、ある方からお借りしました。
これ、絶版で手に入りにくいんですよね…感謝です。

それにしても、BLは絶版になるのが早いですよね。
きっと初版のロットも少ないでしょうし。
オークションでバカ高い値段がついているのを見ると、
著者に還元されないのがとても口惜しい。
と言ってもプレミアがつくのは一部の作品だけだから
会社の対応は難しいか……、良い方法はないもんでしょうか。

ともあれ、そんな一部の商品に入る一冊、楽しめました。
以下、感想です。




『ミスターロマンチストの恋』/砂原糖子
オークラ出版 (2002/06)
[Amazon]


☆あらすじ
成績優秀でテニス部のエースの千野純直(ちの・すみなお)は、
一八〇に近い身長、切れ長の眸は涼しげで、引き結ばれた唇は
無愛想だが女子にはニヒルで通るモテモテ生徒会長。
そんな彼が一目見るのを楽しみにしている相手とは、
一学年下の二年生有坂和志(ありさか・かずし)だ。
「カッコいいよなあ、有坂くん」…外見はクマ、
心は夢見る乙女の千野の初恋は一体どうなる?

*   *   *   *   *   *

どうなるってそりゃ3Pでしょ、と表紙を見て思ったひと、
正直に手を挙げて!(挙手) …あら、私だけですか。
表紙に3人寄らば3Pという概念ができあがっているもので…。

しかし、ガタイのいい主人公千野は外見にそぐわず、
3Pなんてとてもできやしない、乙女で一途なのです。
好きになったからと言っても影から見ているだけ、
妄想する内容もキス→朝チュンでいまどき小学生の
女の子だってそこまでじゃないだろうという乙女ぶり。
今なら確実に乙男(オトメン)認定されるキャラです。

笑える設定なんですけれど、このコンプレックスって
本人には大きいものですよね…、男は強くなければならない、
という風潮は廃れ気味ですが、それでも例えば編み物や
ぬいぐるみが好きという男性は忌避されがちですよね。
なんででしょうね?男性が編み物なんて可愛いと思いますけど。
(まあ、ゲイの世界だって男らしさが求められますが…。)

そんな時私なら女性的なゲイだと自覚していますので、
「いーもんアタシオカマだし」と開き直れますが
ストレートだとその言い訳が効かないから……、
ストレートでオトメンな方々はコンプレックスになりそう。
(千野が惚れる対象は男ですが)


その乙女に対して、もう少女マンガから飛び出てきたような
ひとの良い青年・有坂の優しいことといったら……!
オトメン部分もすべてひっくるめて好き、と言えるひとは
妥協だらけのこの世の中、なかなかいませんて。
ときに焦ったりもしますが、彼の懐の広さは、狭量な
アラブものの攻めにでも見習って欲しいくらいです。


で、そんな彼らがすれ違ったりラブラブになったりするお話です。
もうそうとしか言いようが無いのですが、この甘ったるさと
恥ずかしいほどのラブラブっぷりは少女マンガのようで、
砂原さんの「肉球のようなピンク」色の特色だと思います。
もやや〜んとピンクの霧がかかるように、恥ずかしさと
いとおしさがもわんと立ち上がってくるのは何故だ!


そこに男性だからこそあるコンプレックスと、
乙女的展開がマッチした、とても可愛らしいお話でした。
まあ、少女マンガと一緒で主人公の優柔不断さに
少しいらいらするところも同じなのですが。

なるほど、設定金額が高い理由も頷けますね…。
少女マンガのような、愛らしいBLを読みたいならどうぞ!

P.S.
ちなみに、3Pではなく左の可愛い系の子は、
なかなかいい味出している引っ掻き回し役です。
| [BL・小説]砂原糖子 | 21:22 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:22 | - | - |