-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ダブル・トラップ Love&Trust EX.』/榎田尤利(石原理) | main | 『牛泥棒』/木原音瀬(依田沙江美) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『徒花』/水原とほる(水名瀬雅良)
Q.アレって別に嫌いってわけじゃないんだけよね、や、
はじめたらはじめたで…その、悪いことでもないし、
夢中になっちゃうんだけどさ、でもさ、
週に何回もやると疲れちゃうっていうか…

さてアレとはなんでしょう?

A.残業
でした。今週はこればっかりで、読書もそれに
合わせるようになぜかハードなものが続きました。
水原さんの痛さは、私には身体的>精神的なので
慣れればまだ楽なのですが、痛いものは痛いですね。

その痛かったこちらの作品の感想です。




『徒花』/水原とほる
海王社 (2006/11/24)
[Amazon]


☆あらすじ
会社勤めの和彦は、高校時代に片思いをしていた同級生の赤澤に再会する。
整った顔つきに鋭い視線で周囲を威嚇していた赤澤は、
今は暴力団の構成員になっていた。気まぐれに抱かれ、
昔と変わらぬ想いを自覚する和彦は、特別な存在じゃなくても
本当は不器用で繊細な赤澤を守ってあげたい、そばにいたいと願い、
組を抜けて欲しいと強く思い、行動に出るが……

*   *   *   *   *   *

いかにもヤクザなタイプの赤澤とカタギの和彦が、
和彦の積極的なアプローチによって近づくという、
ヤクザものにしては少し変わった入り方をする作品です。
その過程を愉しむのもよいのですが、それは置いといて、
メンツを潰されたからって好ましく思っている相手に
FF(ゲームじゃないですよ)は無いでしょう!
しかも、攻め本人じゃなくて第三者に依頼って!
これは肉体的にも精神的にも痛いですよ……。

水原さんの攻めって、感情の発現が下手すぎると思います。
基本的にBLで攻めが受けを責める時の流れを挙げてみると、

何らかの原因(大抵受けが逆鱗に触れる)ですれ違う

セックスで甘く苛める

責めながら「すまない、実は嫉妬したんだ」

ラブラブ

となることが多いと思うのですが、水原さんの場合は、

受けが怒らせるようなことをしてすれ違う

暴力とセックスで徹底的に虐める

DV化

謝罪の言葉無くも、ラブラブ

となり、嫉妬心や凶暴性が強いせいか虐める行為のあとに
その好きになる落差が私にはDVのように見えてしまいました。

これは、いわゆるゴーカンがあるBLと似てると思います。
攻めにゴーカンされるほど求められたいという心理で、
その強烈な責めが愛情の深さを知るバロメータでも
あるのですけれども、こう、なんていうか……、
せめて本人じゃないと愛情を感じられないなあ、と。

本人達は幸せなんでしょうけれども、ひどい性的暴力に
あわされてまで、守ってあげたいと思い、ラストは
ラブラブになるのかが理解できなかったです。
(BL必須のハッピーエンドという誓約もあるとは思いますが)
だって好きでもない人にFFされそうに、なんてなったら
正直付き合えないと思うんですよね…水原さんの受けは
絶対にノルアドレナリンタイプだと思います。(by だめんず・うぉ〜か〜)

この心情をわからない、ということは良いのか悪いのか
わかりませんが、そこまでの重い愛情をもったことが
ないせいなのかな…でも、被虐的にも似た心情や嗜好が
自分にもほんの少しだけあるから、こういうのが
たまに読みたくなるのでしょうねえ…BLって深い。

ハード系がお好きであれば、どうぞ。
| [BL・小説]水原とほる | 21:51 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:51 | - | - |