-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 腐男子アンケート2、の前振り 【100万企画】 | main | 『ダブル・トラップ Love&Trust EX.』/榎田尤利(石原理) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『世界が終わるまできみと』/杉原理生(高星麻子)
今日はぞろ目です。
11時11分を待ったのは私だけではないはず…。

さて、杉原理生さんの著作を読むのはこれが2冊目。
これと同じく、ルチルから出ている、
『いとおしさを追いかける』が1冊目でした。

そちらは受けの思考がかなり後ろ向きで、かつ、
一人称で進むのが辛く、お話としては好きには
なれなかったのですが、文章は気になっていたのでした。

1冊で読むのをやめるのには惜しいと思っていたので、
Amazonの送料合わせに買ってみたところ、お目当てのものより
面白かった……嬉しいような哀しいような誤算でした。

以下、極力ネタバレなしで感想です。




『世界が終わるまできみと』/杉原理生
幻冬舎 (2007/9)
[Amazon]


☆<第一部あらすじ>
中学2年生の速水有理は、父親と弟と3人で暮らしていた。
母の入院代、弟の喘息改善などで家計が逼迫しているため、
やがて3人は父の友人・高宮の家に身を寄せることになるが、
そこには有理と同い歳の怜人という息子がいた。
次第に親しくなり、恋に落ちる2人だったが……。

*   *   *   *   *   *

今回も「ぼく」の一人称で進むのですが、なぜか気にならず、
むしろ良いものとして感じられました。
や、たまにその思考はどうなの?と思う時もありましたが、
それよりも家族の支えになれないことへの苛立ちや、
思春期独特の孤独を思い出させてくれるような寂しさが
じんわりと沁みこんで来ました。

<第二部>になって成長してからもそれは変わらず、
すれ違う中で選択を迷う有理の心情が、有理を通して
凄く丁寧に描かれていて、苦しくなるほどでした。
こののめりこむような一体感が、一人称の利点だなあ…。

あくまで私の感覚ですが、ちょっと月村奎さんの作品の
一人称の感覚に似ているものを感じました。
周りの人間の弱さ、汚さもわずかに似ているような。


ただ、月村さんのキャラのように清濁を併せ持つような
キャラでは無い(見方によって変わる)ので、その分、
怜人や有理がキレイに見えすぎるきらいがあるかもしれません。
(彼らに非はまったくないのですけれどね、
周りの大人があまりにも弱くすぎるだけで……。)

でも、全体的に暗いお話の中での彼らのキレイさは、

 「暗かったら、迷うことなく、わずかにでも光のある方向を選ぶ。
  いまより、暗いほうになんて行きたくないんですよ。」


の有理のセリフそのもので、とても象徴的でした。
彼らには明るい方向を目指して進んでいってほしいものです…、
あまりにも今までに辛いことが多すぎるんですもの。


唯一ひっかかったのは、怜人の気持ちがつかみづらいことでしょうか。
『いとおしさを〜』の攻めもそうだったように記憶しています。
行動では一応量れるのですが、キレイすぎて逆にこいつなんか
たくらんでるのではと思うほどで、皮肉ですね。
これは一人称の弊害かもしれません。


と、まあ、ひっかかるところもあるのですけれど、
それを補って余りある面白さでした。
あらすじを伏せた<第二部>が特に。

やっぱり1冊で判断するのはよくないですね…、
切ないお話が好きな方にオススメです。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 20:26 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:26 | - | - |