-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『世界が終わるまできみと』/杉原理生(高星麻子) | main | 『徒花』/水原とほる(水名瀬雅良) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ダブル・トラップ Love&Trust EX.』/榎田尤利(石原理)
この一週間ぐらい、BLに限らずアタリが多くて、
かえってどれの感想を書きたいのかよくわかりません。

BLマンガだけでもユギさんの『ありえない二人』、
鬼嶋兵伍さんの『ジョカトーレ、捕獲計画。』、
ヤマダサクラコさんの『思い過ごしも恋の内』と
ひとり脳内フィーバー中です。(意味不明)

感想を書いてストックしておけばいいのは自明の理ですが
そういうスタイルができないので、とりあえず、
一番のアタリだったこの作品の感想にしました。
……小説のほうが書きやすいんだもん。

以下、感想です。




『ダブル・トラップ Love&Trust EX.』/榎田尤利
大洋図書 (2007/11)
[Amazon]


☆あらすじ
若くして誠龍会幹部になった沓澤亮治(くつざわりょうじ)は、
ある日、ホテルのプールでひとりの男と出逢う。
色香と禁欲を併せ持つ美しい男、坂東核(ばんどうかく)だ。
誠龍会内部の問題を抱えていた沓澤は、問題解決のため、
核を手に入れるため、核が弟・天と経営する『坂東速配』を
利用するが、しかし、核を知るにつれ、沓澤は本気で
惹かれるようになり…ヤクザが大嫌いなはずの
核もまた沓澤にはなにか感じるものがあって……

(余談:Amazonの最後の行のあらすじが「エゼクティブ」(笑))

*   *   *   *   *   *

ラブトラシリーズのアダルトカップルこと、
核と沓澤がメインになりましたよ!
これが買わずにいられるかってんでぇ。(なぜにべらんめぇ)

いやあ…やっぱりアダルトカップルは濃いですね。
エロいことばっかり言っているオヤジ攻めヤクザの沓澤も
オヤジスキーなのでもちろんもちろん(強調)、大好物なのですが、
危うい、妖しいまでの色香を放つ核が際立って……!

アダルトったって核はまだ二十もそこそこなんですが、
それでこの色香ってのは…ヤクザの沓澤をして、
『若い芽のうちに何度も踏まれ、それでも咲いた強い花だ。
華やかな花弁の下には、毒すらもっているかもしれない。』
と言わしめるほど。それを自覚している分遠慮が無くて、
読んでるとなんだか無駄に火照ってくるような感じです。

ゲイで受けなんだけれど、その性癖すら男らしさの中に
内包されているキャラってあんまり居ないですよね。
同類のような剛しいらさんのキャラ・辰巳とも似ていますが、
非なるもので、全て柔軟に受けて返すこのキャラは
オリジナリティ、の一言に尽きます。


実を言うと、最近読んだ榎田さんの著作は某大手・Lさんの
カラーのせいか、アッサリめで「うむむ…」(これは榎田さん内での
評価であってBL全体のレベルから言えば評価は異なります)でしたが、
シャイノベルス+榎田さんは魅せてくれますねえ。
シリーズだけに依存するようになってマンネリズムに
陥ってしまったら哀しいですが、ときにシリーズに戻って
さらにそのシリーズの魅力を増してくれるのなら大歓迎です。


ええっと……、ようやくここで内容の話に入りますと、
1話目はまさに題名に相応しいちょっとした犯人探し(中編)、
2話目は変人杣の朗らかで可笑しい休日(SS)をはさんで、
3話目は核と沓澤の関係がより深まるお話(ショート)。と、
3編で構成されています。

2話目、3話目は今までラブトラを読んできた人でないと
わかりづらいところもありますので、もしこの作品から
読むつもりの方はご注意を。
全部読んできたひとは…、思う存分楽しんでください!
2話目の杣v.s.マク○ナルドの店員は腹がよじれた(笑)

ああ、楽しい読書でした…。BL好きとしても
榎田尤利信者としても、オススメ!いたします。
| [BL・小説]榎田尤利 | 22:11 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:11 | - | - |