-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『徒花』/水原とほる(水名瀬雅良) | main | 【腐男子アンケート2】 「腐男子への質問集」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『牛泥棒』/木原音瀬(依田沙江美)
まあなんともBLっぽくないタイトルと言うか、
普通の小説でもあんまり無いタイトルですねえ…泥棒。
関係ないけど『この恋泥棒!』って1度でもいいから
言われる悪い人間になってみたいものです。嘘です。

まあ、BLのタイトルはオリジナリティが溢れていますよね。
「淫ら」に対して「〜の恋」だとか、一見相反するものが
組み合わさっているのが非常に面白いと思います。

ただ…先日、在庫を調べた時にも感じたのですが、
愛や恋って字がものすごくタイトルに多いですよね!
その中で『牛泥棒』。これはインパクトありますな…。

で、中身のインパクトはというと…。以下、感想です。




『牛泥棒』/木原音瀬
蒼竜社 (2007/6)
[Amazon]
(表紙がキレイなのでいつもより大きめ)




☆あらすじ
大学で助手をしている亮一郎は、とある事情で口のきけない、
幼なじみの使用人・徳馬に、密かに想いを寄せていた。
幼い頃に母を亡くしたときも今も亮一郎の傍にいる徳馬は、
他の何にも代えがたい、かけがえの無い存在だった。
しかし自分の想いで関係を壊したくなくて、亮一郎は想いを
告げぬまま、実家の借金のために資産家の娘との結婚を考えるが……

*   *   *   *   *   *

ショック、衝撃、と言う意味ではインパクトは弱いです。
いつもの木原音瀬独特の痛さは身を潜めています。
けれど、これは違った愉しさがある小説でした。

というのも、どこか穏やかで緩やかな明治時代の、
いかにももののけがそこらに居そうな…そう、
百鬼夜行抄の律のおじいちゃん達の時代を
思わせるような雰囲気を味わえると言うのがひとつ。
コノハラさんと明治時代ぃ〜?というちぐはぐな印象は
あっというまに拭われ、浸れる世界観があります。
これは依田さんの挿絵があいまっているのも大きいかな…。

そしてふたつめに、いつも以上に甘めなところですね。
亮一郎のきかんぼうな性格ながらも徳馬に甘えまくりな
ところや、なにげにセクハラしまくりなところも可愛く、
また、「フンドシ」に象徴される徳馬の純情っぷりも悶えるほど!
(P.107で本当に悶えてゴロゴロドタンバタンしてしまった)

そんなふたりがある事情からすれ違うのですが、
甘さに匹敵する量の、木原さんらしいと思える
粘着質に想いあう気持ちは薄れずにあるため、
よりいっそう絆の深さが見えて、甘さが引き立って…。

「家」を継ぐという価値観が普通だった時代に、
土壇場で金も家も捨てて徳馬を選ぼうとした亮一郎と、
ウン十年間傍に居続けた徳馬は、帯のアオリのとおり、
まさに番(つがい)と言うに相応しい関係でした。

このふたりの続きをもっと読みたい、と言う感情が
胸にジョワーッとこみ上げて来る感じ。(意味不明)
時たまくるんですよね、この熱がこみ上げる感覚。
同人でもいいから書いてくれないかな……。


タイトルの『牛泥棒』の件も、事件性と恋愛の話を
つなぐ接点としてうまく働いてましたねえ…、
『箱の中』『檻の外』といい、BLだからってんでそれだけで
読まれないのは非常にもったいないですよね、ほんとうに。


それにしてもこのホリーノベルス、コノハラさんの
好きなように書かせているという気がします。
重いものから軽いもの、天使に妖怪に…BLの特性、
「男同士なら何でもアリ」を生かしたラインナップですよね。
ぜひ他の出版社も見習って欲しい点です。
何でもかんでも似たようになる出版社に、とは言いませんが。
(それはそれでそのレーベルの味になるわけですしね)

同じように感じるかは分かりませんが、ジョワーッと(まだ言うか)、
胸の奥を感情で浸してしまいたいかたにオススメです。
| [BL・小説]木原音瀬 | 21:32 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:32 | - | - |