-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 最近のBLコミックアタリ本たち | main | 2007年12月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『もう二度と離さない』/樹生かなめ(奈良千春)
今日は飲み会でした。お肌のケアをしなくちゃ…。
飲み会の時、微妙な距離の人に決まって言われるのですが、
「どんな本読んでる?」「面白い本ない?」

「山田ユギさんの新刊が良かったよ、ルコちゃんもよくってさ。
でも今月末の新刊ラッシュも控えてるし、ほんとは
飲んでる余裕なんて金銭的に無いのよ、おわかり?」

なんて本音をパンピーに言えないですことよ。
偽装のため(だけでもないのですが)、BL以外の本も
持ち歩くようにしています…円滑にするために。

さて、今日は偽装つながりで…、この本の感想です。




『もう二度と離さない』/樹生かなめ
講談社 (2006/8/2)
[Amazon]

☆あらすじ
日本画の大家を父に持ち、美貌と才能に溢れる若き洋画家の
佐伯渓舟(さえき・けいしゅう)は、助手であり、
恋人でもある相良司(さがら・つかさ)とともに暮らしている。
人気が高く、モテる渓舟の周りにはトラブルが起こることもあるが、
強い絆で結ばれているふたりは幸せな毎日を過ごしていたが、
ある日、司の過去と渓舟の過去を探る男が現れ……

*   *   *   *   *   *

なんと申しましょうか、これは、BLのセオリーを
逆手にとった凄い作品でした。

BLにおいて、王子様攻めという存在、病弱な受けという存在。
それらの属性はどこにでも、ざらにありますよね。
そして一目ぼれ的な出会い、甘アマな雰囲気で、攻めが一途、
かなり嫉妬心や執着心が強いのも、普通にあります。
攻めの家族に純粋に容認・祝福されすぎているのも、
樹生さんにしては温いけれど、まあBLならある話です。
何の変哲も無い物語のように思えたのです。

しかし、それらは受けのために若干歪められた、
見事な叙述トリックに作られた『物語』であり、
実は壮絶な真実が隠されているという話なのです……。
キホンのキから『物語』であり盲点を突かれた思いです。

だって、普通に、BLなんだから出会いの場面から
トリックの一部
だなんて疑わないでしょう!?
はあぁ…オリエント急行を思い出させるような展開だよ、まったく…。

で、そのトリックに加えて樹生さんの冷徹で、残酷な描写が
ガンガンと入るもんだからなんともはや…凄い。

けれど残酷な話なんですけれども、今現在がふたりが
幸せであるということは現実として変わりなく、
始めとは形を変えても描かれ続けていることが
不可思議に思いつつも攻めの愛情を疑わずに済み、
この本における救いとなりました。

受けが真実を受け入れるまでの葛藤とその後の思考の展開が
多少弱いかも?という点や、攻めの思い込みの激しい恋愛の
仕方についてはちょっと説明が足りないとも思いましたが、
そんなことよりこのアクロバティックなトリックと、
それをしてもちゃんと恋愛でハッピーになっている、
という点が両立しているのが凄いですね…。

まったく予想だにしていませんでした、本当にこの展開は。
樹生さん…やはりつかめない、恐ろしい子!

正直言って万人にオススメはできませんが、
もう私ったら、典型的なBLじゃつまんないわ、
と言うあなたにはオススメです。

P.S.
奈良さんの絵がちょっと懐かしいタッチ。
そんなに時間は経ってないんだけどな…。
| [BL・小説]樹生かなめ | 23:10 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:10 | - | - |