-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2007年12月新刊購入予定リスト | main | ヅカとBL、ほか雑記 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『チョコレートのように』/ひちわゆか(金ひかる)
マスター『こんばんは、急に寒くなりましたね』
客『寒いね。何か温まるのにオススメのものはあるかい?』
マ『そうですね…こんな夜は、こちらのアマアマな本と、
淹れたてのコーヒーをセットでオススメします』
客『ほう、マスターのオススメね。どんな本だい?』
マ『ええ、……』

なんてシューフィッターならぬBLフィッターがいて、
自分に合うものを勧めてくれる書店か喫茶店があれば通うなあ。
嗜好だから難しいな、きっと。

さて、今日のこの本を読むのは、つごう3回目(新書版で二回、
この文庫で一回)なのですが、毎回読み終わると
『Pretty ○oman,...(その後知らない)』と口ずさんでしまいます。
一言で言えばそんなお話の感想は以下です。




『チョコレートのように』/ひちわゆか
幻冬舎 (2007/11)
[Amazon]


☆あらすじ
橋の上で、今にも飛び込みそうな顔をしていた京一を引き留めた
梶本と名乗る男は、京一を陥れた男に自分の彼氏を寝取られたと明かし、
力を合わせて復讐をしないかと持ちかける。
自棄になっていた京一は承諾してしまうが、復讐する方法がなんと、
京一がその男の好みのタイプになってたらしこむことだった。
その方法を梶本は教えると言い、レッスンが始まることに…

*   *   *   *   *   *

もちろんBLなので梶本のレッスンは性技まであるのですが、
洋服をそろえたりするところを見ると、梶本視点だと
やっぱりプリティ○ーマンに少し似ていますかね。
しかし異なるのは受けの性格と、同性ならではの意地の張り合いでした。

性格はどっちかと言わずとも暗めで、洋服はセンス最悪、
仕事では部下にも自分にも厳しく、卑屈です。
そのせいで、男性としての魅力にあふれる梶本に対して
洋服を買ってもらっても喜ぶどころか、卑屈になって
こんなものいらん、と突っ返してしまう有様。

梶本は梶本でそれにまたつまらない意地を張ったりで、
つばぜり合いが絶えません。このくだらないと言えば
くだらない、男同士の意地の張り合いが面白い。

(まあ、独立して生きてきた男性がオーダーに近いスーツを
いきなりぽんぽんと同性に買われても嬉しくないのはわかります。
自分でも喜ぶどころかむしろプライドに触るかも…)

そんな風に反発を繰り返しながらも、からだの面では
もうどんどんと開発され、メロメロに溶かされながらも、
元々は「ある男をたらしこむ」ことが目的だったのが徒となり、
結びつきたいのに、すれちがってしまいます。

この、男同士の意地の張り合いだとか、レッスンしているうちに
恋心が芽生えてしまい、意思の疎通が図れずすれ違うことって、
もう王道と言っていいほどベタなんですが……、
100円の板チョコがありふれているからと言っても、
美味しければ誰も文句ないように(私はチョコは明治派)、
ベタでも面白く調理された作品に対して文句などございません。

やっぱり性格付けがしっかりとされているせいでしょうか、
王道でも「こんなふたりだからこそ、こんなすれ違いが
起きてしまった」という説得力があるような気がします。
そして少し切なかったりムカッとくるエピソードを交えながらも、
トータルにすればちゃんと甘いというバランスのよさ…
やっぱりひちわさんは好きです。


あ、もちろん甘さにはお得意のエロ描写も入っているわけで、
特に今回は乳首好きのひちわさん全開という感じでした。
そこかしこに乳首、乳首…固執しすぎだ(笑)
書き下ろしのショートでは乳首もさることながら
梶本のオヤジ化がいっそう進んでおりました。……良い!
私のひちわさん好きは、攻めがエロオヤジくさいのも
多分に含まれているかと自己分析しております。


というわけで、王道が好きな貴方にも、
エロオヤジが好きな貴方にもオススメです。
| [BL・小説]ひちわゆか | 22:00 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - |