-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『垂直線上のストイシズム』/崎谷はるひ(高永ひなこ) | main | 『すきゃんだらす(はーと)ツインズ』/南原兼(桃季さえ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
年末っぽい雑記と、いつもどおりの妄想
■ もういくつねると ■

冬休みなんてことを今になっても考えてしまいます。
休みを待ち遠しく感じる高揚感は嫌いじゃありません。
曜日の関係で(アクシデントが無ければ)6日まで今年は
休めそうなので、年末〜年始にしたいことを考えてみました。

・時間があればコミケを見に行ってみたい。(朝から並ぶ気力は無い)
・どこかに1泊で旅行する(4日〜5日あたり?)
・年末に池袋で買い込んでおきたい。
・大物シリーズを読む。TOKYOジャンクシリーズの予定。
・抜けの華やかな迷宮3を買って、4・5巻まで読む。(4・5巻は購入済み)
・楽園建造計画が2巻でストップしている(3・4巻は買ってある)ので
 これを機に1巻から再読する。
・『黄昏に花が舞う』を見つけ出す。
・普段持ち歩きづらい新書を5冊は消化したい。

えっと、TOKYOジャンクが12冊、華やかな迷宮が3冊、
楽園建造計画が4冊、黄昏含む新書が6冊で、計25冊?
……夢は大きく、されどもうこの時点で破綻してます。
それよりほとんどBLのことしか浮かばない私って、との
思いが浮かんで来てしまいそっと涙さしぐむ。(吉屋信子風に)


■ ドナドナと非ドナドナの分かれ目 ■

いくらBLが好きだからって、新刊で絶対に買う!と
決めている作家はそれほど多くないと思うんです。

例えば私の小説の場合は、(以下敬称略) 英田サキ、
いつき朔夜・烏城あきら・榎田尤利・木原音瀬、
剛しいら・崎谷はるひ・秀香穂里・高遠琉加、
橘紅緒・月村奎・中原一也・ひちわゆか・夜光花……
ってところでしょうか。書き出してみると多いな。

「誰が好き?」と聞かれてそんなの決められない!と
思うものですが、こうやって「購入」と言う点で分けると
意外ときっぱりさっぱり分けられるかもしれませんね。
あとは完全に既刊を読破しているかどうか、も指標になるので、
それがかぶっている作家は確固として「大好き」といえそうです。

結局なんだったのかと言うと、そろそろ年末に向けて、
ドナドナ本を選別する基準を考えてみたと言うお話でした。
余談ですが、内容がドナドナの作品は、
ドナドナ本になる確率が高い気がします。


■ 孤島 ■

先日、家族とリゾートホテルのある島に行ってきました。
船でしか行き来ができないので、まあ、孤島かな?と、
船に乗りながら思ってたら「孤島」と言うキーワードに
突如妄想の嵐が吹き荒れました。

孤島…ホテル…ホテルマン…オーナー…管理者…料理人…客…
地元住民…漁師…船着場…船員…小中共同学校…幼なじみ…

・年に一度だけ訪れる老オーナーと老ホテルマンの熟年愛(織姫と彦星)
・パーティで殺人、ホテルマンがヘタレ探偵と出会うサスペンスBL
・温泉に漬かる一般客と実はセレブな攻めが出会うハーレクイン
・同じ狭い空間に長く居るホテルマン同士の濃密な世界
・リゾートに反対していた漁師とホテルの交渉人
・反対していた漁師の家の息子と賛成していた家の息子が
 すれちがって、ウン年後漁師と新任教師として…再開もの
・船員と送迎バス運転手のすれ違いラブ!(あらすじ風)
・東京でもてはやされる料理人がホテルの料理に感動して
 教えを請うたがお代は体で…(プラ○ナ文庫っぽいな)

どれがいいかなあ、後半二つはギャグとしておいて、
やっぱり熟年愛かなあ、でも漁船も生かしたいところだ、ムフフ…
なんて考えているうちに着いてしまいました。
船酔いする性質なのに、何もなく過ごせました。
妄想は船酔いよりも強しなんだなあ…。


■ 出版社の印象をリーマンキャラに例えると ■

少年マンガのイメージでいくと…
集○社…傲慢エリート。「オレについて来れないやつは要らん」
○談社…集英社をライバルとみなす元ヤン。
小学○…あどけない顔して有能、人情派でひとを上手く使う。
秋○書店…いまどき一匹狼で個人プレイが多い。
白○社(おまけ)…仕事はできるが、社員で妄想する営業事務。

一般の文庫のイメージでいくと…
新○社…黒縁メガネをかけた、いかにもお堅い営業。
    自分を変えられないことに苛立ちながらも頑なな態度。
文○春秋…自分に特別なスキルは無いが顔つなぎが上手い営業。
     よくおじいさんに(司○遼太郎先生とか)可愛がられる。
○川書店…別の分野の人脈(たらしこんだ)を生かすエリート営業。
岩○書店…若い子は元気だねえと茶をすする渋いオヤジ営業部長。
ちく○書房…岩波さんのことをずっと好きな控えめなオヤジ経理部長。
幻○舎…若いながらもやり手な営業事務。実は泣かせる系に弱い。
○川書房…資料室で一人孤高の道を行く不思議系。

おまけで…
ス○ーツ出版…合コンとゴシップにしか興味が無い。スイーツ(笑)
フラン○書院…フェロモン出しまくり社長秘書。もちろん社長と昵懇。

ざっと思いついたところでやってみましたが、
BLの出版社でやっても楽しいかも…。
そのへんはご自由に妄想を(笑)
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 23:01 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:01 | - | - |