-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『さわって、とかして。』/小鳩めばる | main | 『どうしようもないけれど 2』/夏目イサク >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
このBLがやばい!ほか、BL関連書籍
予定より一日遅れてしまいましたが、アンケート撤収しました。
回答してくださった皆さま、ありがとうございました!
結果は明日…から来週にかけて(おい)なるべく早めに。

さあて、今日は最近出たBL関連書籍3本です。
(あすの夕方の某アニメのエンディングぽく)

1・『このマンガがすごい! 2008』
2・『活字倶楽部 '07秋号 乙女と隠れ腐女子のための読書案内』
3・『このBLがやばい!』

ちょっと長くなりそうなのでいったん切ります。



1・『このマンガがすごい! 2008』

宝島社 (2007/12)
[Amazon]

去年までオンナ/オトコに別れていましたが、
今年からは雌雄同体の両性具有…じゃなくて
1冊の中でパートが別れたようです。

こういう本は出版社に載せられている気がしなくもないですが、
あまりに出版点数が多い昨今、面白いマンガを知るためなら
この値段(590円)は、費用対効果が高いと思います。

ランキングを確認した結果、オンナ編はTOP10のうち6点は
読んでいましたが、オトコ編は1点のみでした…。
おお振りとオノナツメさんのランクインは嬉しかったですが、
精進が足りぬ…ちょうどいくつか気になる本がありましたので
明日にでも買ってこようかな。
ハチワンダイバー、よつばと、海獣の子供、チェーザレ、
うさぎドロップ、光の海あたりを手に取ってみよう。

で、BLと関係ないようにミスリードしてきましたが、ここで主題。
腐女子入門という特集が4ページ分、組まれております。

内容はまあ…、4ページじゃこんなもん、といったところ。
浅いのでBL好きはこれだけのために買う必要は無いと思いますが、
誤解も与えない程度の浅さだから読んでも違和感はないかもです。
……褒めてないですね。だって…、純愛系に雁須磨子さんや
中村春菊さんを推すのはいいですけど、ケレン味系に
いきなり鹿乃しうこさんはどうなんでしょう(笑)

実はこの特集のアンケートにほんのちょこっとだけ参加しました。
代わりにこの本を頂いたわけでして、つまりこの本タダです。
参加したのにこの感想ってどうなんでしょうね。(ひとごとのように)


2・『活字倶楽部 '07秋号 乙女と隠れ腐女子のための読書案内』
雑草社 (2007/10)
[Amazon]

1ヶ月近く放置していたこちらですが、
ようやく目を通し終わりました。
え、感想…?…っと、値段が高かったかな。

しをんさんの対談は頷きながら読めて面白かったのですけれど、
座談会は読み物としてあまり趣味に合わなかったし、
あとは「乙女読み、腐女子読み、BL読み」という
「?」な分類に基づいて分けた小説紹介のみでした……。
乙女読みの紹介はあまりBLと関係ないですし、
BLの紹介に関しては15点しかないと来たもので。
……先に立ち読みすればよかった。

『探偵青猫』と『飛ぶ教室』だけメモに追加しておきました。


3・『このBLがやばい!』

宙出版 (2007/11)
[Amazon]

BL特集本が今年はラッシュでしたが、
『このマンガがすごい』のBL版、
つまりガイド本は初めてのコンセプト…?

tatさんにBBSで指摘されたとおり、ランキングの
アンケートにほんの少し参加させてもらいました。
で…、絶望した! BEST10 に自分が選んだ本が
1冊しかなかったことに絶望してしまいました。
『となりの801ちゃん』メルマガ読者(3800人ですって!)と
他アンケート参加者の総意って残酷だわ…。
そりゃ『是』も『ロマンチカ』も好きですけどね、
シリーズって2007って感じはしないじゃないの。(言い訳)

小説版も15ページほど特集が組まれています。
こっちはあんまり外してませんでしたが…、
榎田さんの吸血鬼が入ってるんですね、へえ、そうですか。
いえ、別に何でもありません。(黒モズランクインにも同様の感想)


さて、他の企画として面白かったのは、まず、
草間さかえさんと榎田さんのインタビューですかね。
単行本派にとってはインタビューなんて目にかかることが
ほぼないので貴重でした。草間さんの濃い話が素敵だ!

ほかには…そうそう、皆さまご存知かは知りませんが、
「カフェオレ・ライター」マルコさんのBL帯レビュー。
サイトに掲載されていたつわものな帯の面々に加え、
新作の帯レビューがあり、……腹筋が痛い!
マルコさんの文章のセンスの良さは真似できないです…、
それにBLの帯なんて見飽きてなんとも思わないですし。

参加したからって持ち上げるわけではありませんが、
BL特集やBL論よりもBLが好きなわけで、そうすると
ガイドの方が嬉しいですね、どっちかと言えば。
びっけさん、三島一彦さん、シマダシマコさんに挑戦してみようかな。


今日はこれらを読むのに精一杯だったので、明日はBL買い漁るぞ!
| [その他]BL関連書籍・雑誌 | 23:48 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:48 | - | - |