-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『檻』/烏城あきら(今市子)、ほかおまけ感想 | main | 【腐男子アンケ2】 「腐男子への質問集」結果発表 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『個人教授』/秀香穂里(やまかみ梨由)
軽く風邪をひいたようで、喉が痛いです。
このまま悪ければ、土曜にでも病院へ行こうかしら。

病院で喉、といえば、「耳鼻咽喉科」ですが、
発音がいやらしいですよね、「じびいんこうか」。
さらに発音や字面を駄洒落的に打ってみましょう。
「耳鼻淫行課」(聴覚と嗅覚に訴えるプレイをする部署)、
「慈悲淫行家」(ボランティア)、「自慰淫行家」(見たまんま)、
「自媚飲硬化」(バイアグラ)。
……やっぱり風邪で頭がおかしいのか、こんな単語が
すらすらと浮かんできます。早く寝よう。

話は変わって…いやらしいといえば秀さん(ひどい)。
今作も従いエロスでしたが、以下ちょっとだけ辛口感想です。
そのうえいつもに比べてネタバレ多めですのでご注意を。




『個人教授』/秀香穂里
海王社 (2007/11)
[Amazon]



☆あらすじ
有名塾講師の俊一は、かつての同級生に頼まれ、
弟・育美の家庭教師をすることになった。
しかし俊一が高校時代に兄の性欲の捌け口にされていたことを
育美は知っており、兄に対抗するかのように育美は俊一に執着する。
育美の執着に戸惑いながらも、俊一は以前同級生に抱かれた時、
彼に見られていたことで歪んだ快感を覚えたことを思い出し…。

*   *   *   *   *   *

綺月陣さんのように、二面性がある作家の作品に対して
ホワイト・ブラックと言い分けることがありますが、
秀さんの作品をホワイトとブラックで分けるならば、
ホワイトが「ワーキング」、ブラックが「執着」です。

それでこの作品はというと、ブラックです。
(「愛執の鎖」なんかもブラック側ですね)
大半のページが俊一に執着する育美の話に裂かれています。
18歳という若さゆえか、その執着はとかくエロスに転換し、
私が今までに読んだガッシュ文庫…いや、BLの文庫として
最多(4.5回。0.5は同級生とのとして)の濡れ場率となります。

しかも1回1回が濃いんですよね、秀さんだから…。
以前にlucindaさんの記事でオノマトペといえば秀さん、と
書かれていたぐらいで、今回もオノマトペを駆使して、
バニラエッセンスのごとき濃いエロさを漂わせます。
「くぷ、ちゅぷっ」ってエロマンガ並の擬音だなあ…。


その調子で最後まで進み、カップル的にはラブだけど
社会的にはなんだか悲惨な結末で終わった…と思いきや、
最後の20ページの小編で大どんでん返しが入ります。

これが、衝撃的かつ、辛口対象になります。

衝撃的なのはいいんです。執着の倍返しともいうべき
俊一に隠された感情は、むしろ好物とも言えます。
だけどなんだかしっくりこなかったのです。

最近、切り返し系(『もう二度と話さない』や『檻』など)が
続いていたのに、なぜこの作品だけひっかかるのか?と考えみたところ、
一人称でどんでん返しをしたから』という結論に結びつきました。

あ、私は書き手視点での小難しい話をしたいのではなくて、
単に「これ、矛盾してるように感じる…」だけなのです。

最後の小編で、『実は俊一は7年前から育美が好きで、
今回の何から何まで全部俊一の執着による計画通り
』(夜○月か?)と
いう返しが入るのですが、そのわりに俊一は、
はじめのあたりでこんなことを考えていたりします。

「たまにどうしても人肌が恋しいときだけは、ゲイが集うバーに足を向け、
―――もし寝るならどんな相手がいいだろう、祐介(育美の兄)とは
まったく逆のタイプで、やさしくて、乱暴なことをしない奴で……と
シミュレートするのだけで精一杯だった。」(P.67)

育美に7年も執着してるなら、こんなことは考えないですよねえ…?
俊一が体と心は別、というタイプならわかりますが、本人が

「俺の最初のキスは育美と。俺の中へ直接挿ってくるのは育美だけ。」(P.211)

なんて言ってるもんだから、違うと思いますし……。

人間は心に嘘をつくといってはそれまでですけれども、
嘘をついている本心の片鱗さえ見えないのは、それこそ「嘘」のような。
ミステリでの「実は探偵の私が犯人さあっはっはー!」みたいな、
なんとも言いようの無いのどごしの悪さを感じるのは
風邪のせいだけでは無いと思いました。
私が本心のサインを見逃しただけなのかもしれませんが…。


展開としては嫌いでないだけにもったいないなあ、と。
「ここは本音がぽろっと出てない!?」という箇所が
ございましたら、是非にお知らせくださいませ。

さあ、コメント返して今日は寝よう…。
| [BL・小説]秀香穂里 | 22:17 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:17 | - | - |