-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【腐男子アンケ2】 「腐男子への質問集」結果発表 | main | 年末っぽい雑記と、いつもどおりの妄想 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『垂直線上のストイシズム』/崎谷はるひ(高永ひなこ)
今月のルビー文庫は、この作品とフジミシリーズのみ買いました。

出戻って幾年月、作家の好みが分かってきたのはいいけれど、
読む作家の幅が固定化しすぎてきたような気がします。

頭が柔らかくなるような、私が優先して読もうとしない、
軽めの、ポップでキュートな、ある意味破壊力のある、
BL作品をたまには読んでみたくなってきました。
久しぶりにナンバランでも買って読んでみようかな……。

さて…、作品によってはキュートなキャラも多く出てくる
はるひんですが、白鷺シリーズのスピンオフなだけに
すこしシリアスなお話でした。以下、感想です。




『垂直線上のストイシズム』/崎谷はるひ
角川書店 (2007/12)
[Amazon]



☆あらすじ
「やってもいいくらいには、あんたのこと好きなんじゃねえの?」
そんな言葉で傍にいることを許す十四歳年下の男・佐倉朋樹に、
新進気鋭の映画監督・弥刀紀章(みと・きしょう)は翻弄される。
恋人とも言い難い曖昧な関係の中、弥刀の前に過去の恋の
相手でもある志澤靖那(しざわ・やすな)が現れ、佐倉との関係に、
わざと歪みを作りだすかのように振る舞う靖那に弥刀は…

*   *   *   *   *   *

前作の感想を書いたつもりだったのに書いてませんでした。
自分の感想が面白くないから消したんだろうな、たぶん…。
まあ、そんな独り言はどうでもいいとして、はるひんの
スピンオフは面白い!この作品で再認識しました。


BLではよくスピンオフ作品が発売されます。
安定感や入りやすさがある反面、本編の魅力に敵わなかったり、
後付けの人物設定が浅いと感じてしまったりしますよね。

でもって、はるひんのスピンオフが凄いのは、
後付けとは思えないほどの細密な設定がなされていることと、
それに基づいた感情描写がとても巧いことだと思います。

この作品も白鷺シリーズ本編の脇役だったふたりが
メインになっているのですが、その設定が細かい!
本編ではさほど大きなファクタでなかった紀章の昔の男や、
朋樹の親との確執などのエピソードが膨らまされ、
見事今回でカップルを隔てる要因になっています。

スピンオフ作品では「あ、またこんな安易な…」と
思ってしまう「すれ違いシーン」もありますが、
こんなに深い背景の設定と、すれ違う細やかな心情を
描けるはるひんが人気なのは当たり前な気がします。
……恐ろしい子!(ほめてます)


他には…、紀章のお仕事シーンも面白かったですが、
なによりもカップリングがツボでした。

親切だけどどこかダメ人間で大人になりきれない紀章と、
きっぱりさっぱり唯我独尊で大人びている朋樹、
年の差15歳以上なのに中身と実年齢が逆転しているという
危ういバランスのふたりのかけあいが面白くって!

しかもその性格がトラウマとしっかりと結びついていて、
単なる属性に終わっていないのもベリーグッドでした。
(朋樹のエピソードってちょっと真澄様っぽい(笑))


はるひんらしい甘々なエロシーンはありませんけれども…、
この細やかな設定・描写を味わうならオススメです。
ちなみに来年の春ごろにはシリーズの短編集が
出るそうなので、そちらも楽しみにしておこうっと。


P.S.
フジミシリーズはもう、完全に結婚2年目の夫婦の域ですね。
でも才能のぶつかり合いは加熱していて、良いバランスです。
ただ、番外編を本編に書き下ろしたため、番外編を先に
読んでいた私は真剣にデジャヴかと思いました。
| [BL・小説]崎谷はるひ | 20:38 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:38 | - | - |