-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 年末っぽい雑記と、いつもどおりの妄想 | main | 『少女漫画家の恋』/紺野けい子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『すきゃんだらす(はーと)ツインズ』/南原兼(桃季さえ)
「久しぶりにナンバランでも買って読んでみようかな……。」と
書いたその後で近所のブクオフに行って物色したところ、
さっそく105円で発見し、購入いたしました。
自分の事ながら、BLにかけてのすばやさは255あると思います。

知り合いが居ないかさすがにこのときは確認しました。
この系統を愛読?と思われては心外ですからね!
(って、外の人にとってはどれも同じか……)

早速読み始めて1時間ちょっと、爆笑タイムでした。
以下、超フマジメな感想なので真剣に南原さんが
お好きな方はどうぞ右回れ右してくださいね。




『すきゃんだらすラブツインズ』/南原兼
角川書店 (1999/12)
[Amazon]



☆あらすじ(原文ママ)
うそだろぅ…オレに弟がいるなんて!!突然告げられた「兄弟いる宣言」。
オマケに双子だって!相手の和真はさぞかしオレ、和巳に似た
カワイイやつなんだろう…と思いきや、和真はイヤミなくらいイイ男。
身長も高く、成績優秀、スポーツ万能の超美形。
その上、性格悪男だなんて、この世に怖いものなし!?
和真は自分が兄だといいだし、オレはファースト・キスも奪われた。
このままじゃオレの奴隷人生決定か??イヤっ、奴の言いなりに
なるのも悔しぃじゃん。家庭内・恋愛バトル開始!!

*   *   *   *   *   *

あらすじで既に笑いがこみあげているあなた、正しいです。

私は本にドッグイヤーをつけない主義で、これは!という
文があったときは付箋で代用することが多いのですが、
この本はこんなことに。(↓)



多すぎだろうと思われますでしょうが、だって、
1ページ目からこんな感じなんですよ!

 「うそ…。なんで…っ?ひぃーっ、やめぇ…っ」

セリフをそのままそっくりお返しいたしますわ、和巳君…。
和巳君の凄いセリフを他にもご紹介いたしましょう。

 「いやーん。白タイツなんて穿いてたら、どうしよう?」 (P.31)
  →どうしようもありません。もちろん、君が。

 「自分で言うのもなんだけど、オレのカラダって、
 なんか美味そうなんだもんっ」
(P.68)
  →本当に自分で言うなよ……。

こんなジョークをバシバシとかまされて笑わずに、
つっこまずにいられましょうか、否、いられません。
『ダメだこいつ…早くなんとかしないと』なレベルの和巳ですが、
その双子で攻めの和真もさすが双子、同じレベルです。
彼の迷言もさらりとご紹介してみましょう。

「もう一度聞くが、助けてやったら、なんでもする?」 (P.41)
 →出ました、コメディ系の伝家の宝刀!

「おまえのサイズくらい、俺様のこの器用な指とお口で充分だ。
 ねちっこく、測ってやるからな…」
(P.99)
 →「俺様」「お口」って自分で言うか!?

「さっきのチョコ、実は媚薬入り……」 (P.144)
 →どこに媚薬を持ち歩く高1男子がいるのかしらね、ウフフ(壊れた)

「おまえのカラダ…って、甘い」 (P.183)
 →こんな三点リーダの使い方って斬新ですねっ!(ヤケ)

成績優秀という謳い文句がすべて吹っ飛ぶこの和真と、
先に紹介した和巳が「イヤよイヤよ」で進むだけなのに、
何でこんなに笑えるんだ…!ナンバランのコメディは
思っていたとおり、時間がたっても破壊力抜群でした。
あー、1か月分ぐらい笑わせて頂きました。


ここまでこんな書きかたをしておいてフォローもないのですが、
過去にヒットしただけあって、一気に読ませるテンポの良さと、
エンターテイメントに徹しきっているのが良いですよね。
雨後の竹の子的な軽い作品が増えすぎた影響はあるものの…。

私は文学臭い作品やテーマ性の強い作品の方が好きなのですが、
最初からこういう軽いポルノを含む「コメディ」と
分かって読む分には、非常に楽しめました。

落ち込んだ時などに読むときっといいと思います。
人生どうでもよくなるでしょうから……。


P.S.マーケットプレイス0円てはじめて見ました(笑)
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:08 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:08 | - | - |