-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『すきゃんだらす(はーと)ツインズ』/南原兼(桃季さえ) | main | BLを洋服のブランドとしてみると >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『少女漫画家の恋』/紺野けい子
先日の雑記の「年末年始にしたいこと」で書いた、
<『華やかな迷宮3』を買い求める>ですが、
素晴らしいことにイーブックオフで見つけて購入しました。

もちろんそれだけだと送料がもったいない、という
ブクオフの思うツボと知りつつも、欲しい本を
かごに入れていったら、いつの間にか15冊。
我が家のキーボードにはこびとが棲んでいるらしい。

「危険な男にいけないと知りつつも惹かれてしまう」なんて心情に、
「懲りないやつ……」と苦笑してしまう時がありますが、
BLひいては本に関しては、ひとを笑えない身分です……。

そう、今日の本も、大半は読んだ話なのに、
未収録があるというだけで買ってしまった1冊でした。
以下、主に表題作+ちょこっと未収録作への感想です。





『少女漫画家の恋』/紺野けい子
リブレ出版 (2007/12/20)
[Amazon]


☆あらすじ
「僕でお役に立てるんでしたら…試してみますか?」
売れない少女漫画家・秋本と担当編集・倉田は、作品に
流行のBL要素を盛り込むため、実地で試してみることに…!?
単行本未収録読切「東京ホテル」「純情レターメイツ」等を収録。

*   *   *   *   *   *   *

なぜAmazonは予約なのだろう、普通に書店で買えましたが…。

私は紺野けい子さんの作品はどれも好きなのですが、
そのなかでも、別格で好きなのが「可愛いひと」と、
この単行本の表題作、「少女漫画家の恋」なのです。

あらすじではなんだか軽いお話に見受けられそうな印象ですが、
ところがどっこい、文字では表現できないキュンがあるのです!
また言っちゃったよキュンって…でもキュンなんです、
キュンするがための書物だからいいよね別に。(開き直り)

このキュンはいったいどこから来るのか……、それは、
受けの倉田かしら、と改めて読んで思いました。

この倉田さん、平静な顔で秋本をあらすじのセリフで
誘っておきながら、実はシャイで秋本にべた惚れ、
けれど素直な性格じゃないから態度には出さないという
絶滅しかけた「純情」がこのキャラにはこめられているのです。

ツンデレにも似た性質を内包しているのか、辛い経験も
僕との経験も全てマンガに生かせとツンしておきながら、
倉田に惚れた秋本にマンガでその恋心を描写されて
こんな顔をしてしまうのです。



キャー!こっちが赤面するほどのデレぶりが素敵です。
まあ、気持ちは分かりますけどもね。
「自分との経験を生かせ」って伝えた後に、
どう見ても自分がモデルのマンガを描かれたら、
主人公の恋心=秋本の恋心を、赤裸々に
告白されているようなものですもんね。

ヘタレ攻めの秋本ですけれど、そう考えると意外と強いなあ。
スケッチブックに描いた倉田を抱きしめているあたりは、
どう考えても最上級のヘタレなのですけれども(笑)

このふたりの緩やかでほんわかとした恋をみていると、
つい頬が緩んでしまいます。鏡で見られない顔です、きっと。


ああ、もう700字も書いてしまいました。
残りはさくっといきます。

『接吻修行』『夏は葉隠れ』『抱いて抱いて』の3編は、
『接吻修行』『可愛いひと』に収録されていたものを再収録。
なので感想は吹っ飛ばします。(乱暴ですみません)

未収録1本目『東京ホテル』は、こんなあらすじ(↓)。
【大学受験で上京してきた天は、昔からよく面倒を見てくれていた
従兄弟・庸二郎の一人暮らしの家に置いてもらう事に…。】
これまたヘタレな庸二郎と好奇心旺盛な天の力関係が面白かったです。
性器は描かなくてもエロスを感じられるHシーンも良い……。
庸二郎の不精ヒゲがたまらなく愛おしいのは私だけですか。

未収録2本目『情熱レターメイツ』はこんなあらすじ。
【合コンで知り合ったイケメン・岸田は実はウブで、
なんと文通で友達になってくれと言ってくる…。】
こ、ここにも天然記念物指定の純情ボーイが居りましてよ!
ノンケや大学生のリアリティが良く描かれていました。
やっぱり紺野さんの描く赤面顔は素敵です。


ふう、堪能しました。ほぼ再読でしたが、色あせないですね。
再読にはお高いですが、同人誌2冊分を買うと思えば、
なんとかいける値段でしょうかね……。
読んだことのない方にはぜひ、オススメします。

P.S.
読み返してふと思いましたが、紺野さんの作品って
アナルセックスがあんまり描写されていませんね。
そういう側面でも好きなのかもしれません。
| [BL・コミック]紺野けい子 | 23:26 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:26 | - | - |