-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< BLを洋服のブランドとしてみると | main | 『男伊達 恋のからくり』/神崎竜乙(青海信濃) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『KISSと海賊』/五百香ノエル(黒泉らら)
私が読んだのはビブロス刊、旧版の方でした。

宙出版から今年の9〜10月に復刻されたようでして、
ちょっとAmazonで調べてみたら、挿絵が変わっているため、
なんだかまったく違うものに見えます。
復刻版で読んでいたら、描写は同じといえど、
キャラのイメージが少し変わるんでしょうね。

ただ、復刻版のタイトルは平凡な気がします……、
面白かったことにかわりはないので別にかまいませんが。
五百香さんのファンタジーはやっぱり面白いです。
以下、感想です。




『KISSと海賊』/五百香ノエル
ビブロス(1998/1) → 宙出版(2007/9)
[Amazon](写真・リンクは復刻版のもの)





☆あらすじ
―祖国の滅亡と共に、「海賊王国」と名高いマリーナの王子、
アリの奴隷となってしまった「花の王国」アディー・アイラの
元第七王子・ルビーローズ。
奴隷の証として耳の一部を噛み切られ、水牢に閉じ込められても
自らの矜持を崩さない誇り高いルビーローズに、アリは……

*   *   *   *   *   *

五百香さんのファンタジーを全て読んではいないのですが、
私にとってハズレが無いみたいです。

なんでか知りませんが、BLのファンタジーって少数派ですよね。
BL自体がファンタジーなせいか、ファンタジー自体が少なく、
ファンタジーでも、設定が単なる舞台だけとなっていて、
その世界での出来事が恋しかないものさえあります。
それなら「アラブ」で十分じゃん、と思ってしまいます。

しかし、五百香さんの作品では、舞台設定はもちろん、
その世界ならではの価値観や倫理観でひとが動き、
そのファンタジーの世界ならではの出来事が起こります。
悪役も脇役も、誰もがちゃんと意思を持つゆえの、
骨太な展開がされてゆくのが面白いのではないかと。

この作品と平行して読んでいた前世もの(ファンタジー)が
面白くなかったので、より面白く感じられたのかもしれませんが…。


さて、ファンタジー面だけでも無く、カップルの面でも好みでした。

嫉妬心や独占欲からルビーローズを女扱いし、
誰の眼も届かないところに押し込めたがるアリと、
女にはなれないと誇りをもつ元王子・ルビーローズ。
どちらも譲らず、今まで女関係で思い通りにいかないことなど
なかったアリはかんしゃくを起こしてしまい、
ルビーローズをひどく傷つけてしまいます。

その後、服従しないルビーローズはアリが嫌いだからではなく、
好きだから今の扱いに許せなくて出奔してしまいます。
アリのとった行動にはかなりイラッと来ましたけれど、
ルビーローズがいなくなったせいでアリが完全に
ぐっとヘタレ化してゆくのにほだされてしまいました。

その間にルビーローズは市井で用心棒などをするうちに、
国の危機を救う手伝いなどをして強く育ちます。
アリの事を想うがゆえに、戦の中に飛び込んでいく
シーンなどはいじらしさに胸をうたれました。
こういうのって男女ものだとありえないもんなあ…。

全4巻のうち、2巻分ぐらいは離れているのですが、
そうやって離れてパワーバランスが変化しながらも、
想い合う故に、絆は強くなってゆくのが良かったです。
(ちょっと焦らしが長かったけれど……(笑))


長々と書いてしまいましたが、ファンタジー万歳!ってことで。
復刻版は書き下ろしがあるらしいです…ちょっと気になるなあ。
| [BL・小説]五百香ノエル | 20:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:59 | - | - |